PSGのレオナルドSD、メッシの代表招集に不満「同意できない」

拡大画像を見る

 パリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツディレクター(SD)を務めるレオナルド氏が、FWリオネル・メッシがアルゼンチン代表に招集されたことに不満を口にした。8日、スペイン紙『アス』が伝えている。

 ひざとハムストリングを負傷しているメッシと、太ももを負傷しているアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデスは共にPSGでは欠場を余儀なくされている。しかし、両選手はFIFAワールドカップカタール2022南米予選に臨むアルゼンチン代表に招集されたことにより、PSGで治療を続けることができなくなった。

 この招集を受け、レオナルドSDはフランス紙『Le Parisien』で「フィジカルコンディションが良くなかったり、リハビリテーションの段階にある選手が代表チームに招集されることに同意できない。これは論理的ではなく、この種の状況についてFIFA(国際サッカー連盟)と合意に達する必要がある」と不満を語った。

 アルゼンチン代表は、12日にウルグアイ代表、16日にブラジル代表との対戦が予定されている。メッシとパレデスが試合に出場できる可能性は低いようだが、チームに合流することとなった。

関連リンク

  • 11/9 11:03
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます