爆笑問題・太田、選挙特番炎上を意に返さず―松本人志は「反省すべき点もある」

拡大画像を見る

 爆笑問題太田光が、出演した選挙特番での発言で大炎上した。7日放送に放送されたワイドショーで、これについての話題が上がっていた。

 太田は10月31日生放送のTBS『選挙の日2021 太田光と問う! 私たちのミライ』にスペシャルMCとして出演。小選挙区での落選が確実になった自民党・甘利明幹事長に「ご愁傷様でした」と言い放つなど「態度や言葉遣いが失礼」と炎上。また太田の喋りすぎが原因で、中継の時間切れを連発してしまい「話が長すぎる」という批判も巻き起こっている。

 松本人志がメインコメンテータのフジテレビ『ワイドナショー』では、選挙特番の話題になると泉谷しげるが「太田のわーわー言ってるやつが、すげー最初は面白かったんだけど、最終的に冷やかしで終わっちゃったかな」と印象を述べると「テレビ局も太田に全部サンドバックにさせといて無責任だよね。フォローもしないし、相槌も打たないし。テレビ局の姿勢が良くないなと思いました」と、起用した局を側を批判した。

 松本は番組の見方について指摘。「選挙特番として見るのか? ティービーショーとして見るのか? ティービーショーとして見た人は、あれはあれで面白いんじゃないの? って思うんでしょうけど、大半の人は選挙報道として見てるので、ああいうお叱りを受けるんでしょうね」と見解を語った。

 また、「まぁ太田、若干反省するべき点はあったと思うな。言葉の言い方。目上の人に対する言葉っていうのはちゃんとやるべき」と態度についてはしっかりとダメ出しをしていた。

 また、TBS『サンデージャポン』では、炎上した太田本人がこの件について解説。

「無礼」「礼節に欠ける」「品が無い」という批判について「私の今まで生きてきてずっとテーマ。品って生まれ持ったもんだと思う。獲得できない所が僕の悩みで。なかなか成長できない。成長できないと人に気配りができないから“成長失くして分配無し”ってことになる」と岸田文雄首相の言葉をに掛け、いつも通りの太田節。

 スタジオは失笑で田中裕二に「全然うまくないから、そういうことじゃない!」と突っ込まれていた。

 甘利氏への発言を「弱いものいじめ」と非難されたことについては「皆さんと認識が違うのは、あの時点での甘利さんが弱者だとは思っていない。選挙戦を命がけで戦ったというのはわかるんだけどそれは政治家の理屈。僕は当選してからどうやるかが、これも命懸けだと思う。僕はこっちが重要だと思う」と釈明。「気配りは確かにできていなかったとは思います」と非は認めつつも「世間一般の皆さんとの認識の違いなんだと思う」とした。

「太田さんの芸風、今更言ってもしょうがない。ただポジション的に起用したほうが悪いんですよ」と局の責任説をデーブ・スペクターが投げかけると、太田は「それはいわせてもらうと、番組側は僕に再三、態度に気を付けて下さいとか、政治家の話を聞いてくださいとか、注意は入ってたんです。本当に僕の暴走なんです」とキッパリと否定。

「テレビははじまるまでは製作者側の物だけど、いざ生放送始まっちゃったらこれは出演者のもんなんです。番組を止めるのはそれこそ俺への礼節を欠けることだから。俺は止めることはできなかった」と持論を語り、あくまで自分の責任とした。

 デーブ・スペクターは「わかってたはずのTBSが起用したのが問題。みんな予想できた」と引かなかったが太田は「わかってなかった。まさか俺があんな無礼なことをするって。あそこまでとは思わないです」と自分自身の言動が誰も予想できなかったんだと力説をしていた。

 泉谷のように“起用した局の責任”とする、どちらかといえば太田を擁護する声はネット上でも多く上がっていたが、太田自身がこれを否定。杉村太蔵に「言葉遣いとか態度は反省はしていますよね?」と改めて聞かれると「炎上してるっていうからツイッターとか見ました。品が無いとか。そのコメント見て俺は結構品があるほうだなと思って安心しちゃった所が、まずいなとは思ってます」とここでも太田節。

 ネット上では「全く反省してない」「謝罪なしかよ!」とまだまだ炎上は続きそうだ。

  • 11/9 7:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます