てんちむ“全身タトゥー”に挑戦!『ドラゴンボール』のキャラタトゥーの全貌も公開

拡大画像を見る

 タレントでYouTuberのてんちむ(27)が9日までにYouTubeチャンネルを更新。パナマ共和国の先住民・エンベラ族にタトゥーを入れてもらった様子を公開した。

 現地に到着したてんちむは「観光地っぽいところ想像してたら、すげぇジャングルじゃん」と驚いた様子で、カヌーに乗って移動。川周辺のジャングルにはナマケモノやイグアナがおり、日本では見られない光景であった。

 エンベラ族と交流し、鮮やかな柄のスカートと装飾のついたキャミソールのような民族衣装に着替えたてんちむ。ここで両腕にエンベラ族の伝統的なデザインだというヘビ柄のタトゥーを入れてもらうことになった。
 また、現地でも日本のアニメ『ドラゴンボール』『進撃の巨人』『鬼滅の刃』が人気だという話題になったことから、左肩の後ろに『ドラゴンボール』のキャラクター・破壊神ビルスのタトゥーを入れてくれるようリクエスト。さらに、デコルテにはエンベラ族の紋章を入れるという。

 その他にも、てんちむは前髪の生え際に“生え際タトゥー”を自ら入れ、「痩せて見えそうじゃね?」という理由でウエストラインのサイドに黒い影を作るようなタトゥーを入れてもらっていた。

 ちなみに、エンベラ族のタトゥーの染料は12日間ほどで消え、蚊除け効果があるとのこと。また、タトゥーだけではなくヘアトリートメントとしても使われている。

 入れた直後はうっすらとしか見えなかったタトゥーだが、時間が経過するとともにどんどん濃くなっていき、ホテルに戻って食事をとる頃には腕全体がタトゥーで真っ黒になっているようにも見えた。

 てんちむが新たなタトゥーを入れたことに、ファンからは「消えるとしても躊躇なくゴリゴリにボディペイントする気合い凄い」「タトゥーも全身に入れちゃうところ本当にてんちむちゃん凄いです」「長袖着てるのかと思ったらタトゥーがめちゃくちゃ濃くなってて笑った」「タトゥー凄くて笑っちゃった」「ドラゴンボールのタトゥーでビルス様選ぶセンスwww」とさまざまな反響が寄せられている。

■【動画】てんちむ『ドラゴンボール』のキャラタトゥーの全貌をついに公開

 7日のインスタグラム投稿では、アメリカ・アリゾナ州のセドナに滞在していると報告していたてんちむ。アメリカでも、エンベラ族の全身タトゥー以上にファンが驚くような体験をしてきたのかもしれない!?

※画像はてんちむのツイッターアカウント『@tenchim_1119』より

関連リンク

  • 11/9 10:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます