華原朋美、全盛期の「歌唱印税ゼロ」の衝撃暴露にネット賛否両論!

拡大画像を見る

 歌手の華原朋美が11月3日、「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系)に出演。デビュー当時から全盛期までを振り返る中で、衝撃の事実を告白した。

 華原を占ったのは占い師の木下レオン氏。木下氏は「人を信じやすく、だまされやすいタイプ」と指摘。木下氏は続けて「今までもやっぱり信用しすぎて、だまされたことってあったんじゃないですか?」と質問すると、華原は「ありました」と告白。華原は「愛し合っていた2人が‥‥仲良かったんですけど‥‥あとで通帳見たら歌唱印税がゼロだったっていうこととか」と明かし、木下氏が「それはいくらぐらいの額だったんですか?」と尋ねると「多分、億」と衝撃の告白。続けて「デビューシングルから全盛期の曲っていうのは全部、ゼロ」と打ち明けた。

 ネットでは華原の衝撃告白について《印税収入云々は、サラッと放送したけど結構大問題だよね。訴訟もんだよ》《プロデュースされてデビューした当時からべったりの関係だったから、上手いこと印税が持っていかれる契約にされていたんだろうね》と同情する声もあったが、《華原さんからの言葉しか聞いていないから、契約状況等がイマイチわからないが、仮にその話が全て事実だとしても、なぜいまさら当時の不平不満を暴露するのか理解出来ない。その時に、解決するべき問題では?》《ともちゃん、なぜ過去を引きずるのか。今が幸せならいいじゃない》など批判の声もあった。

「華原は番組中では名前は出しませんでしたが、相手男性が小室哲哉だったことは明らか。華原と小室は1998年に破局したのち13年の『FNS歌謡祭』で15年振りに共演し、表向きは和解を果たしています。しかし、華原は15年に上梓した自著『華原朋美を生きる。』で小室に突然捨てられたことを明かしており、実際に許せない気持ちだったのでしょう。今回の暴露も過去を引きずっていることがうかがえます」(芸能記者)

 番組では木下氏から「まずは華原朋美さんを許してください。そして恨まない。当時の彼女を愛してください。そして努力すれば必ずいい結果が出る」とアドバイスされ、うなずいていた華原。自分のことを愛して恨まない努力はできても、果たして相手を恨まないことはできるのか。

(柏原廉)

関連リンク

  • 11/9 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 生じゃないんだから!占いの場では本音で話すのは当然有ると思う!占い師は守秘義務も有るだろし!?※、それを編集せず放送するかどうかは番組と局の判断※、放送したって事は誰かに迷惑かけても局も共に責任を負う覚悟だろなあ※

記事の無断転載を禁じます