ケンカのたびにウンザリさせられる「彼女の悪い癖」9パターン

いくら仲が良い恋人同士でも、ケンカくらいはするでしょう。その都度修復を試みて関係を続けていくとしても、彼氏にとって「我慢ならないこと」が積み重なると、思わぬ形でしっぺ返しを食らうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「ケンカのたびにウンザリさせられる『彼女の悪い癖』」をご紹介します。

【1】テーマがポンポン飛ぶので議論にならない
「話がコロコロ変わって収拾がつかなくなる」(20代男性)など、テーマがあちこちに飛ぶ「悪い癖」のせいで、ウンザリされるパターンです。論点が曖昧になってしまうと、いつまでも話が終わらなくなるので、何か頭に浮かんでもひとまず自制しましょう。

【2】近くにあるものを次々手に取って投げつけてくる
「全力なのでふつうに痛いし、ケンカ以前の問題」(20代男性)など、やけになってものを投げるという「悪い癖」のせいで、ウンザリされるパターンです。これでは彼氏も話し合いで解決しようとする気が失せてしまうので、態度を改めましょう。

【3】過去の話を蒸し返すせいでおさまりがつかなくなる
「『あのときはこうだった』みたいなのをネチネチやりだすと、またか…と思います」(10代男性)など、過去の話を蒸し返す「悪い癖」のせいで、ウンザリされるパターンです。ゴールに到達したければ、いま起きている問題を先に解決するのが近道かもしれません。

【4】自分の主張をするだけでこちらの話に耳を傾けない
「『あなたの話は聞きたくないから』とか身勝手すぎる…」(20代男性)など、一方的に自分が言いたいことだけをまくしたてる「悪い癖」のせいで、ウンザリされるパターンです。どんなに腹が立っても、「会話のキャッチボール」を成立させる努力は必要でしょう。

【5】都合が悪くなると黙り込む
「一度黙り込んだらなにを聞いても答えないので、とにかくケンカが長引く」(20代男性)など、試合を途中で放棄してしまう「悪い癖」のせいで、ウンザリされるパターンです。お互いに気まずい思いをし続けても何もいいことはないので、直接しゃべるのが難しいならLINEやメールで想いを伝えてみてはいかがでしょうか。

【6】こちらが謝るまで口論を終わらせようとしない
「いつまで続くんだと思うと気が遠くなるので、自分が悪くなくてもとりあえず謝る」(10代男性)など、絶対に負けを認めないという「悪い癖」のせいで、ウンザリされるパターンです。たまには相手に譲ることも覚えたほうがいいでしょう。

【7】劣勢を悟ると「もういい!」と逆切れする
「こっちとしては全然良くないのに、結局最終的な結論が出ない」(20代男性)など、逆切れして幕引きを図る「悪い癖」のせいで、ウンザリされるパターンです。ブチッと切れたくなったら、いったん深呼吸して頭を冷やしたいものです。

【8】家族や友人を巻き込んで騒ぎを大きくする
「ケンカするたびに共通の友達から心配されるので大変」(20代男性)など、必要以上に騒ぎを大きくする「悪い癖」のせいで、ウンザリされるパターンです。コトの真相を把握していない第三者が介入すると、ますますややこしくなるので、ケンカは2人の間にとどめましょう。

【9】SNSで全世界に向けて不満をぶちまける
「プライベートな内容を事細かに公開するので本当に恥ずかしい」(10代男性)など、SNSに怒りのはけ口を求める「悪い癖」のせいで、ウンザリされるパターンです。のちのち後悔したくなければ、個人情報を無防備に開示しすぎないほうが良いでしょう。

口論の際の自分の言動は、なかなか客観的に見られないもの。まずはそれを「悪い癖」だと自覚するところから始めてみてはいかがでしょう。(石原たきび)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/9 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます