ヤマダHD、インテリア業界初! オーダーカーテンのオンライン接客システムを導入

拡大画像を見る

 ヤマダホールディングスは11月4日から、インテリックスと協力して、業界初のオーダーカーテン販売「スマートオーダーシステム」を、ヤマダデンキ テックライフセレクトにて順次展開する。両開き1窓の価格は、レースカーテンが7700円、ドレープカーテンが1万1000円。

 スマートオーダーシステムは、カーテンコーナーに設置しているテレビ通話システムを通じて、縫製工場の担当者やコーディネーターといった専門性の高いスタッフが対応するオーダーカーテン販売。「オーダーカーテンって高そうだし難しそう……」「カーテンの違いがわからない」といった基本的な質問から専門的な内容まで、購入者の疑問をその場で解消してくれるので安心して購入できる。
 店頭のサンプルに付いているQRコードから購入サイトへ移動することで、スマートフォンからの注文を可能にするオムニチャネル化を実現している。店頭で現物を確認して、そのまま店舗でも、後からスマートフォンやネットからでも、任意のタイミングで注文・購入できる。
 注文は、スマートフォン画面のガイドに沿って、選択していくだけで完了し、動画でカーテンの機能についての詳細や、採寸方法の確認も可能なので、「オーダーカーテンの注文は難しそう」という不安を解消し、シンプルな注文方法とあわせて誰でも簡単かつ手軽にカーテンをオーダーできる。
 専用サイト上では、店頭に置いていない柄のカーテンも購入可能で、1000種類の中から選べるが、価格もレースカーテンが7700円、ドレープカーテンが1万1000円(両開き1窓の場合)とシンプル。また、オーダーしたカーテンは注文から最短で中3日にてスピード出荷される。

関連リンク

  • 11/9 10:05
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます