ポグバ、フランス代表から離脱…練習中に右足太ももを負傷

拡大画像を見る

 フランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・U)が、同代表での練習中に負傷したようだ。8日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 グループDのフランス代表は、6試合を消化した時点で勝ち点「12」の首位。1試合消化の多い2位ウクライナ代表との勝ち点差は「3」、試合数で並ぶ3位フィンランド代表との勝ち点差は「4」となっている。あと1勝で本戦ストレートインが確定する状況のなか、13日にカザフスタン代表、16日にフィンランド代表と対戦する。

 フランス代表に招集されたポグバは8日に同代表の練習に参加。しかし、右足太ももを負傷した模様で、チームドクターと一緒に練習場を後にしている様子が確認されている。

 ポグバの状態についてフランスサッカー連盟(FFF)は「ポール・ポグバはパルク・デ・プランスでのカザフスタン戦と、ヘルシンキでのフィンランド戦の2試合から撤退することを余儀なくされた」と声明を発表し、同選手が欠場することを明らかにした。

 なお、ポグバの代役としてローマに所属するMFジョルダン・ヴェレトゥが招集されるようだ。

関連リンク

  • 11/9 9:51
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます