朝ドラ 冒頭から吉右衛門ちゃん登場で即トレンド入り あんころもちで「幸せじゃ」

拡大画像を見る

 9日に放送されたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」では、冒頭にその独特の物言いで話題の吉右衛門(中川聖一朗)が冒頭から登場。放送後すぐさまトレンド入りするなど、相変わらずの人気を見せつけた。

 この日の「カムカム-」では、冒頭に赤螺父子が「たちばな」へもなかを買いに来るも、もなかがないことに吉兵衛(堀部圭亮)は激怒。だが吉右衛門は「お父ちゃん。そげえ、きつう言ったらいけんで」とたしなめ「先だって、砂糖とマッチが配給制になったじゃろ?菓子作るのもままならんはずじゃ」とゆっくり口調で事情を理解。

 そして「あんころもちを3つ買うて帰って、お母ちゃんと3人で食べようや。ぼくはそれで幸せじゃ」と父に向かって言い、吉兵衛を感激させる。

 吉右衛門については、そのかわいらしい言い方が、初登場時から話題沸騰。この日も放送終了直後から「吉右衛門」「吉右衛門ちゃん」が即トレンド入りした。

 ネットでは「吉右衛門ちゃんを見るとにっこり」「もう、場面がなごむなごむなごむ…」「人間が出来てる吉右衛門」「クセになる吉右衛門ちゃんの台詞回し」など、ほっこりする声が多数上がっていた。

関連リンク

  • 11/9 8:56
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます