三浦春馬さん出演『コンフィデンスマンJP』新作に“トバッチリ批判”!「親友・城田優」の連続出演に「複雑心境」渦巻く!!

拡大画像を見る

 2022年1月14日に公開される映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』に、城田優(35)と乃木坂46の生田絵梨花(24)が出演することが11月8日、発表された。

 同作は長澤まさみ(34)のダー子、東出昌大(33)演じるボクちゃん、小日向文世(67)演じるリチャードの3人の詐欺師たちによる騙し合いを描いたフジテレビの連続ドラマで、2019年5月に封切りされた劇場版の『ロマンス編』が興行収入約30億円の大ヒット。続く2020年7月公開の『プリンセス編』も、興行収入約38億円のヒットを記録した。

 劇場版3作目となる『英雄編』では、地中海に浮かぶマルタ島の首都・バレッタを舞台に幻の古代ギリシャ彫刻「踊るビーナス」をめぐる騙し合いが繰り広げられ、城田は、ダー子たちのターゲット“オサカナ”となるスペインのマフィア、ジェラール・ゴンザレス役を演じる。

「今回の城田さんの出演は、大きな意味があるでしょう。城田さんと三浦春馬さんは、2009年に『サムライ・ハイスクール』(日本テレビ系)で共演して以来、10年以上にわたっての大親友で、三浦さんの生前には、SNSに公私ともに楽しそうに交わる2人の写真がたびたび投稿されていましたからね」(芸能プロ関係者)

 三浦さんは、『コンフィデンスマンJP』シリーズで天才恋愛詐欺師のジェシーを演じていた。

「今回の『コンフィデンスマンJP 英雄編』は、撮影に至るまでに大きな問題が発生していました。それは、脚本の全面書き直し。『コンフィデンスマンJP』の劇場版としては2作目の『プリンセス編』よりも、1作目『ロマンス編』のほうが人気が高く、これを受けて、3作目は1作目で活躍する場面が多かった三浦さん演じるジェシー、竹内結子さん演じる、ダー子が憧れる詐欺師のスタアが軸になる展開が予定されていたといいます。

 ところが、昨年、三浦さんと竹内さんが相次いで鬼籍に入り、ジェシーとスタアを軸としたストーリーの実現が不可能になってしまい、脚本がすべて書き換えとなりました。ただ、3作目でも写真なのか過去映像かは分かりませんが、三浦さんも竹内さんも何らかの形では登場するのは間違いないといいますね」(前同)

■大親友・城田の出演に「親友と言わないで!」

 三浦さんが出演するだけでなく、生前、大親友だった城田の出演も発表された『コンフィデンスマンJP 英雄編』。

「城田さんの演じるゴンザレスが、ジェシーとどんな関わりがあるかはまだわかっていません。ただ、2人の関係を考えると城田さんの出演は、三浦さんの“穴埋め”のような意味合いもあるのではないでしょうか」(前出の芸能プロ関係者)

 城田の出演に対しては、「生ちゃんと城田優っていうキャスト陣で三浦春馬さんへの想いがそれだけでも伝わる」「三浦春馬さんの親友城田優さんがコンフィに出たりキンブーをすることになったりで、なんかエモいですね」「三浦春馬くんが携わった作品に彼の代わりという事ではなく、城田優くんがキャスティングされるのは凄く嬉しい。全面に出さずにそこに友情が感じられて泣ける」といった、三浦さんを絡めた反応もネットには寄せられている。

「三浦さんが新たに演じられない代わりに、大親友の城田が出てくれるわけですから、嬉しいと感じているファンも多くいます。ただ、城田の出演を歓迎していないファンもいるようです」(女性誌ライター)

 三浦さんのファンと見られる人からは、「三浦春馬が出てたものとか出る予定だったもの全てに城田優が出てる気がして流石に引く」「はあっ? またまたまた城田優かよ やっぱり春馬さんの痕跡を消そうと必死じゃん」「どれだけ春馬くんの仕事を、親友と言わないで!」といった、城田の出演に否定的な声も寄せられている。

■「ローラは三浦春馬さん一択です」とのハッシュタグも登場

 城田が、生前の三浦さんが関わっていた作品に出演するケースは『コンフィデンスマンJP』だけでない。

 11月4日には、2022年秋に再演予定のブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』で、2016年と2019年の2回にわたって三浦さんが演じた“ドラァグクイーンのローラ”の役を城田が務めることが発表された。

「城田がローラ役を三浦さんから引き継ぐことに対しては、“大好きな春馬くんのローラを、大好きな城田くんが引き継いでくれて嬉しいです”と喜ぶ声も多く寄せられました。

 その一方で、ツイッターでは、“ローラは三浦春馬さん一択です”とのハッシュタグが登場し、“よりによって城田優は無い”などと城田のローラ役に否定的な意見を投稿する人もいましたね」(前出の女性誌ライター)

 夕刊紙デスクは言う。

「城田からしてみれば、大切な友人であった三浦さんの思いを真摯に引き継ぎ、役に臨むだけで、批判はとばっちりもいいところ。

 ただ、三浦さんの一部のファンからしてみると、ある日突然、三浦さんがこの世からいなくなり、まだ1年3か月ほどしか過ぎていない。そんな中で三浦さんの役が引き継がれたりすると、三浦さんのイメージを上塗りされてしまうようで、複雑な気持ちになるのかもしれませんね……」

 さまざまな思いが交錯する中、城田ならきっと、三浦さんの意思を大切にしながら素晴らしい作品にしてくれるだろう。

関連リンク

  • 11/9 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます