ジャンクフード中心の食事に月約12万円費やしていた女性、胃バイパス手術で体重100キロ超から54キロに(英)

拡大画像を見る

英ワイト島イースト・カウズ在住のチェルシー・アスキーさん(Chelsea Askey、32)は昨年、減量を目的に胃バイパス手術を受けたところ、最大で16ストーン8ポンド(約105キロ)あった体重がわずか1年ほどで約半分の8ストーン7ポンド(約54キロ)になった。

美容師として多忙な日々を送っていたチェルシーさんは、ジャンクフード中心の食事に毎月800ポンド(約122800円)費やしていたという。そんなチェルシーさんは当時のことをこう振り返った。

「ランチにマクドナルドなどのジャンクフードを食べて、夜もテイクアウトの食事で毎日30ポンド(約4600円)ほど使っていました。健康よりも仕事に集中するようになってから、食生活が本当におかしくなってしまって。自営業の美容師には昼休みというものがありませんから毎日朝と昼に簡単なものを食べて、疲れて料理ができない時は何かテイクアウトしていました。」

「たとえばビッグマックにチキンナゲットを追加して、その後に中華料理店の甘酢漬けのチキンとチップスなど食べられるものは何でも食べていました。それにお客さんがいつもお菓子を持って来てくれるので、ポテトチップスやチョコレート、ビスケットなど一日中何か食べていました。」

当時、服のサイズが20号サイズだったチェルシーさんはある日、腎臓結石で入院した。そして医師から糖尿病のリスクがあると言われたことをきっかけに、胃バイパス手術を検討し始めたそうだ。この手術は医療用ホッチキスを使って胃を小さくすることで食べる量を制限し、吸収されるカロリーを少なくするというものだ。

医療費が安価なラトビア共和国で治療を受けることを決めたチェルシーさんは、こう明かしている。

「私は自分の体に満足できず、スリムに見せるためいつも黒い服を着ていました。そして糖尿病予備軍だと言われたことがとても気になって…健康状態が悪化したことで人生を楽しむことができなくなってしまったのです。なのでラトビアから戻ったらもっと健康的な生活をしようと決意したのです。私は仕事のペースを落とし、カウンセラーに相談してなぜこんなに食べてしまうのかを理解しようとしました。また手術の前には流動食を食べて胃を小さくし、テイクアウトのない生活に慣れるようにしました。」

そして2020年10月、ラトビアの病院で5000ポンド(約768000円)をかけて胃バイパス手術を受けた。

「お金を払う価値がありました。手術が終わって2週間で2ストーン(約13キロ)も痩せていたのです。最初は急激な体重減少に慣れるのが大変でしたが、今ではこれ以上の幸せはありません。多嚢胞性卵巣症候群の症状も緩和されました。急激に痩せたことによる肌のたるみもなく本当にラッキーでした。裸で部屋に立っていても自信を持っていられます。肌も髪もすべてがツヤツヤになりました。」

そう語るチェルシーさんは現在、服が8号サイズになり、8ストーン7ポンド(約54キロ)の体重を維持している。

今では以前の生活に戻ることがないように1週間前から食事の準備をしているそうだ。

画像は『Liverpool Echo 2021年11月2日付「Woman who spent £800 a month on takeaways loses half her body weight」(Image: chelseaastyles_bypassqueenie / MERCURY PRESS)』『The Mirror 2021年11月2日付「Woman sheds half her body weight after ditching £800-a-month takeaway habit」(Image: chelseaastyles_bypassqueenie / MERCURY PRESS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連リンク

  • 11/9 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます