お忍びデートが高揚する新たな切り札!フレンチ界で期待のシェフの新店

今年の9月にオープンしたばかりのフレンチ『jinen.(ジネンドット)』が、早々に食通たちの間で話題。

それもそのはず、名店を数多く擁するあの『石かわ』グループが手掛けた新店なのである。

湧き上がる期待感をはるかに上回る、艶やかで贅沢な大人のためのひとときが約束された一軒だ!



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

贅沢を極めた無二の食体験が、大人たちを陶酔させる

セルリアンタワー裏手を代官山方面へ。高級住宅地にひっそりと佇んでいる。邸宅を改装した空間は美しく贅沢。同グループの『レストラン ナンペイダイ』の跡地をリニューアル


各界から高い評価を獲得し続ける神楽坂の日本料理店『石かわ』は、多くの名店を擁することでも知られる。

そんな『石かわ』グループが新たに手掛けたのは、なんとフレンチレストラン。

代表の石川秀樹氏が絶大なる期待を寄せるシェフ、加藤将益氏は弱冠28歳の新鋭だ。

「キャヴィア Jinen.畑」は、旬の野菜とともに極上のキャヴィアを堪能する一品


北海道初の三ツ星レストランである札幌『モリエール』、イノベーティブな料理で世界中から注目を集めたデンマーク『noma(ノーマ)』、そしてその遺伝子を継ぐ店として話題を呼んだ飯田橋『INUA(イヌア)』へ……という華やかな経歴の持ち主。

そんな加藤氏が紡ぎ出す『jinen.』の料理は、ノルディック・キュイジーヌを思わせる素材の力強さを活かしたプレゼンテーションながら、味の着地点はオーセンティックなフレンチ。

さらに石川氏と選んだという作家物の和食器との融合で、唯一無二の世界を確立している。


「カリフラワー 鶏のクリームソース」は、北海道産露地物のカリフラワーをバターでじっくりと焼き、上品なソースと。


ゲストの前で仕上げる「舞茸のクリーム 木の芽リゾット」。

日燻して旨味を凝縮した舞茸を使う。料理はすべておまかせコース(31,900円)の一例。


ライトアップされた木々が背景のパフォーマンスは、瀟洒なプール付きの庭を持つこの店ならでは。

加藤シェフは『INUA』の立ち上げメンバー。世界の最先端を行く店の厨房で、その一員として経験を積んできた。



『石かわ』グループが新たに手掛けたフレンチの新星『jinen.(ジネンドット)』。

実力派シェフが織りなす独自の世界観を、ぜひ大切な人を連れて堪能いただきたい!



▶このほか:秘密のデートは、特別感ある二人だけの空間へ!センス抜群の劇場型フレンチが誕生

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/9 5:00
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます