ニューカッスルの指揮官はエディ・ハウ氏! 2024年夏までの契約を締結

拡大画像を見る

 ニューカッスルは8日、新監督にエディ・ハウ氏が就任したことをクラブ公式サイトで発表した。契約期間は2024年夏までとなる。

 先日、サウジアラビアの政府系ファンドなどからなるグループによって買収が成立し、新たな経営体制が発足したニューカッスル。しかし、今シーズンのプレミアリーグでは未勝利(4分6敗)が続いており、先月20日に双方合意のもとでスティーヴ・ブルース前監督を解任した。その後はアシスタントコーチのグレアム・ジョーンズ氏が暫定的にトップチームを率いていた。

 現在43歳のハウ新監督は、2008年12月に当時4部だったボーンマスの監督に就任し、2年目に3部昇格を果たす。2011年1月からは当時2部だったバーンリーを率いていたが、2012-13シーズンの途中にボーンマスの監督に復帰した。

 復帰初年度にボーンマスを2部昇格に導くと、そこから2年でクラブ史上初の1部リーグ昇格を達成。プレミアリーグでは4シーズン連続で残留に成功した。しかし、昇格5年目の2019-20シーズンは18位で2部に降格し、シーズン終了後に退任していた。以降はフリーが続いていた。

関連リンク

  • 11/9 0:33
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます