「ラジエーションハウスII」6話 片寄涼太“武藤”に再登場を願う声続出、鈴木伸之“辻村”とのLDH共演に歓喜する視聴者からの声も

拡大画像を見る

窪田正孝が放射線技師を演じる「ラジエーションハウスII」の6話が11月8日オンエア。弁護士役でゲスト出演した片寄涼太に“再登場”を願う声が続出。また辻村を演じる鈴木伸之との“LDH共演”に歓喜する声も多数SNSに投稿されている。

シリーズ累計160万部(紙+電子)を突破した「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名コミックを原作に、レントゲンやCTで病変を写し出す放射線技師と、その画像を読影し病気を診断する放射線科医が身を置く放射線科“ラジエーションハウス”を舞台にしたストーリーが展開する本作。

キャストは、医師でありながら診療放射線技師として甘春総合病院で働く五十嵐唯織に窪田さん。父親が院長を務めていた甘春総合病院で放射線科医として働く甘春杏に本田翼。前シーズンでは新人だったが今では一人前に成長、唯織に想いを抱く広瀬裕乃に広瀬アリス。整形外科医だが救急にもヘルプで参加する辻村駿太郎に鈴木伸之。

実力派放射線技師の軒下吾郎に浜野謙太。数々の職を転々としてから放射線技師になった田中福男には八嶋智人。ナルシストな威能圭に丸山智己。医療機器に強い悠木倫に矢野聖人。姉後肌な黒羽たまきに山口紗弥加。ラジエーションハウスの技師長、小野寺俊夫に遠藤憲一。甘春総合病院の副院長・鏑木安富に浅野和之。前院長の大森渚に和久井映見。経営合理化を第一に考える新院長の灰島将人には高嶋政宏といった面々。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

今回は辻村が医療過誤で訴えられる。杏を誘いランチをしている辻村のもとにその連絡が入ったころ、ラジエーションハウスではある患者の検査が行われていた。この患者こそ辻村を医療過誤で訴えた弁護士の武藤だった。武藤は検査を受ける形で病院に潜り込み、スタッフの仕事ぶりや設備をチェック。武藤は「辻村が重大な病気を見逃した」とだけ話し、エリートである医師は過ちを認めず、保身のためには隠ぺいにも手を染めるものだと決めつける武藤。

彼は父の死をきっかけに医師を敵視するようになっていたが、クライアントの患者に別の病気が潜んでいるかもしれないという唯織や杏の説得を聞き入れ、患者の再検査を受諾。結果患者に悪性リンパ腫が見つかり、辻村の“無実”が証明される…というのが今回のストーリー。

今回、武藤を演じたのは「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太。視聴者からは「良い表情の『役者片寄涼太』をたっぷり見ることができました!」「さらにパワーアップした武藤弁護士に会えるのを楽しみに待ってます」「またパワーアップした武藤健弁護士に会えるのを楽しみにしています」など、早速“再登場”を願う声が続々。

また片寄さん演じる武藤が、鈴木さん演じる辻村を訴えるという展開に「片寄くんと鈴木伸之の共演は熱いな~」「やば!ラジエーションハウス 鈴木伸之と片寄涼太コラボじゃん!」「片寄涼太と鈴木伸之のLDHコンビのシーンが来たのが最高だった」といった反応が。“LDH共演”に歓喜する声も多数投稿されている。



(笠緒)

関連リンク

  • 11/8 23:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます