3児のママ小倉優子、別居認める 一戸建てでワンオペ育児「泡になって消えてしまいたい、とも」

拡大画像を見る

 3児の母でタレントの小倉優子(38)が8日、MBS・TBS系で放送された「100%!アピ~ルちゃん」の密着取材に応じ、自宅を初公開した。

 「ここで誰と住んでいる?」と聞かれた小倉は「小3年の長男、4歳の次男、1歳の三男です」と説明。別居も認め、この賃貸の一戸建てに1年前から住んでいることが説明された。

 小倉は2018年に歯科医の男性と再婚。19年11月にこの男性との初めての子となる三男を妊娠したのが分かったが、直後の19年のクリスマス前に夫が家を出て行き、別居状態に。20年1月には弁護士を通じて夫から離婚の意思が伝えられたが、小倉側が夫婦関係の継続を求めているとされる。20年7月には三男を出産した。

 この日の番組では、1歳3カ月(密着当時)の三男をおんぶしたまま料理をするなど、ワンオペ育児に奮闘する姿が描かれた。

 コロナ禍で小さな子供3人を抱えての生活に、「泡になって消えてしまいたい、と思ったこともありました」と語った。仕事の際は「(ベビー)シッターさん、けっこう頼んだりしました」と明かした。

 放送中に投稿したインスタグラムでは、土足のまま上がる外国式の玄関で自撮りした写真を公開している。

関連リンク

  • 11/8 22:18
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます