私のことは諦めて!男性に【脈ナシ】をLINEで伝えるためにはどうすべき?

拡大画像を見る

好きでもない男性から好意を向けられるのは、意外と疲れるものです。最初は「私ってモテる!」と嬉しくても、次第に男性からの好意が重荷になってしまい、LINEすらも面倒だと思うこともあるでしょう。
デートに誘われて毎回断るのも、それなりにストレスになるものです。では、どうすれば男性に諦めてもらうことができるのでしょうか。直接告白される前に、男性にLINEで脈ナシを伝える方法について紹介していきます。


暇な時でも自分からはLINEをしない

寂しい気持ちになったり仕事で辛いことがあったりすると「誰でも良いから話を聞いて!」という気分になることもあるでしょう。そういう時、自分に好意を持っていて優しくしてくれる男性は格好のLINE相手です。
しかし、そうやって暇な時にだけLINEをすると相手も期待してしまいます。脈ナシをしっかり伝えたいなら、辛い時でも暇な時でも自分から相手にLINEを送るのはやめましょう。


雑談LINEが始まった瞬間に切る

相手から何か聞かれた場合、既読スルーをするのも難しいでしょう。仕事やサークルなど、大勢の人に関わることならなおさらです。しかし、返信をしても適度なタイミングで切り上げるのが重要です。
たとえば質問LINEの後で「そういえば今日の〇〇なんだけどさ~」というように雑談LINEに繋がったら、その時点で既読スルーしましょう。既読スルーに抵抗がある人は「もう寝るね」のように強引にでもLINEを切り上げるのがおすすめです。


スタンプ・絵文字は使わない

LINEをしていると、癖でスタンプや絵文字を使ってしまう女性は多いものです。しかし、そのように可愛らしいLINEが来ると脈アリの証拠だと考える男性も少なくはありません。普段はスタンプや絵文字を使う人でも、脈ナシを伝えたい男性相手のLINEでは文字だけでそっけないLINEになるように意識してください。


無理な男性にはきっぱりLINEで脈ナシを伝えよう!

自分で無理だと思う男性に中途半端に気を持たせると、相手も期待してしまいますし自分も疲れてしまいます。どうしても脈ナシな男性なら、LINEでもしっかりそれを伝えるのも優しさの一つですよ。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/8 21:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます