King & Prince神宮寺勇太の言葉に共演者涙 座長としての一面&苦悩見せる<葵上/弱法師>

【モデルプレス=2021/11/08】King & Princeの神宮寺勇太が8日、都内の東京グローブ座にて行われた舞台『葵上』『弱法師』―「近代能楽集」より―の公開ゲネプロおよび取材会に共演者の中山美穂、演出の宮田慶子氏とともに出席。作品への想いや苦悩について語った。

◆神宮寺勇太の言葉に、中山美穂涙

今回初共演となる中山の印象を聞かれた神宮寺は、「沢山助けられました。お芝居の経験がそんなに多くないので、ほんとに引っ張っていただきながら、お芝居をしていただいて。ほんとに助かりました。初めて座長をするんですけど、支えてもらいながら。今ここに、迎えています。ほんとにそれくらい頼もしい方でした」とコメント。

この言葉を聞いた中山は「これから始まるのに、そんな…」と神宮寺のまっすぐな言葉に思わず涙。そして神宮寺について「驚くほど素直、直観力もとっても働いて。すぐスマートに変換している姿を見て、刺激になりましたし。ほんとに私も新人なのに先輩みたいでごめんねと思いながらやってました。でも、この役が彼でよかった」と神宮寺の座長としての一面を明かした。

さらに「すぐ受け止める。そして切り替える。隙を見せない部分が初々しかったです(笑)可愛いですもん(笑)」と中山が話すと、神宮寺も「ありがとうございます(笑)」と会場は和やかな雰囲気に包まれた。

◆神宮寺勇太、初単独主演舞台への苦悩「夜も寝れなかった」

また、本作で舞台単独初主演となる神宮寺は、『葵上』では美貌の青年・若林光を演じ、『弱法師』では戦火で視力を失った20歳の青年・俊徳という難しい役柄に挑戦。「ご迷惑をたくさんかけましたし、いろんな人に支えていただいて。僕もレベルアップさせていただきました。難しい、大きな壁という印象はありました」と演じることへの難しさは感じていたと話す。

神宮寺は、台本3ページ分、約5分の一人語りのシーンもあり、2作品合わせると莫大な台詞量に。「長い台詞大変だったのでは?」と問われると、「覚えられる自信なかったですし。夜も寝れなかったです、最初の頃は。ほんとに自分は覚えられるのかって。でもたくさん稽古させていただいたので、僕としてはありがたかったです。自分に落とし込む作業があったので、助かりました」と当時の苦労を告白。

そして、台詞の覚え方については「読む。これにつきます(笑)」と一言でまとめ、「声に出して、ひたすら読んで。暗記ですね」とニッコリ。メンバーの前で練習をするのか尋ねられると、「僕、現場ではやらないですね。家じゃないとできない。誰かがいるとちょっと集中力が減っちゃうんですよね」と話した。

◆神宮寺勇太、演出家から絶賛

神宮寺は宮田氏から印象的な言葉をもらったと話し「役をまとってステージに出すのではなく、役を“食べちゃう”っていうのが印象的で。自分の中に落とし込んで、発する言葉なんだって。その、食べちゃうって言葉が印象に残ってます(笑)」と稽古時を振り返った。

宮田氏は神宮寺の印象について「とにかく吸収が良くて、底なしのポテンシャルを持ってるなって思って、いろんなことを投げてきました。非常に知的に論理的にしつつ、演じる時は動物的な勘もあって。日々アップデートしようねって言ってて。掘れば掘るほどいろんなものが出てきます。最初のときから全身で来てて、すごい集中力だなって。いろんな顔を持ってるなと思ったので、引っ張りながら。彼もアップデートを重ねながら、時には寄り道もしながら、ここまで来たと思います」と絶賛。

神宮寺は稽古中の様々なアドバイスや指導を受けて、「落ち込むことはなかった。言っていただいたほうが、落ち込むというよりいかに取り入れられるかというか、バージョンを更新できるかっていうのを目標にやらせていただいてました。食べてきました(笑)」とおちゃめに話すと、宮田氏も「食いしん坊なようで(笑)」とツッコミを入れ、「いっぱい食べます」と笑顔を見せる神宮寺だった。

◆神宮寺勇太「好きな食べ物はカレーです!(笑)」

また、神宮寺について男性としてはどうかきかれると中山は「そんなにお話ししてる暇なく1ヵ月でしたので、何の食べ物が好きなの?とかなごむような会話はしていなくて。役の中で、どうくるかなって思っていたような感じです」とあまり役以外で関わる機会が少なかったことを告白。

神宮寺は中山との仲を深めることについて、「長い期間稽古できたけど、余裕がなくて。本番始まってからにしようと思いました!そして、好きな食べ物はカレーです!(笑)」と好きな食べ物も公表し、会場を沸かせた。

◆神宮寺勇太主演「葵上」「弱法師」―「近代能楽集」より―

全8編の短編戯曲から成る三島由紀夫の代表作「近代能楽集」。能の物語を現代の設定へと落とし込みながら、現実世界を超越した能の幽玄さが違和感なく融合する独特の世界観が、演劇的にも魅力的な作品。

その中の一編『葵上』は、「源氏物語」を原典に、時代を超えても変わることのない、嫉妬や欲望、情念など、心の内に秘められた闇を生々しくも幻想的に描いている。さらに『弱法師』は、終末観に腰を据えた青年がいかに大人の世界に復讐するかを軸に、滑稽にも見える両親とのやり取りと、主人公がこの世の終わりを語り、現実的なもの全てに対する敗北を表す最後の台詞が印象的な作品となっている。

演出は、これまでトークイベントやリーディング形式の上演で「近代能楽集」の作品を紐解いてきた宮田が務める。

なお、同作の東京公演は東京グローブ座にて11月8日から28日まで、大阪公演は梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて12月1日から5日まで上演される。(modelpress編集部)

◆「葵上」「弱法師」ストーリー

<「葵上」ストーリー>

深夜の病院の一室。若林光(神宮寺勇太)は入院する妻・葵(金井菜々)の元を訪ねる。看護師(佐藤みゆき)から、真夜中になると見舞いにやってくるブルジョア風の女のことを聞かされる。光が病室にいると、かつて光と恋仲であった六条康子(中山美穂)が現れた。毎晩、葵を苦しめていたのは康子の生霊であった。

康子の生霊は、再び光の愛を取り戻そうと昔の思い出を語り出す。次第に、光は葵のことを忘れそうになるが、葵のうめき声で我に返り…。

<「弱法師」ストーリー>

晩夏の午後。家庭裁判所の一室。2組の夫婦が俊徳(神宮寺勇太)の親権を争っている。高安夫妻(木村靖司・渋谷はるか)は俊徳の生みの親である。俊徳が戦火で両親とはぐれ、火で目を焼かれて失明し、物乞いをしていたところを川島夫妻(篠塚勝・加藤忍)に拾われた。それぞれに権利を主張するも、俊徳はそれを嘲笑し、育ての親は奴隷、生みの親は救いがたい馬鹿だと言い放つ。平行線をたどる話し合いに業を煮やして、調停委員である桜間級子が俊徳と二人だけで話をすることになり…。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/8 20:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます