デジタル庁に意見を届けよう! 「くらしのデジタル化」など6テーマでコメント募集

拡大画像を見る

  デジタル庁は、デジタル社会の実現に向けた「新重点計画」の策定に向けての意見(コメント)をオンラインで募集している。期間は2021年11月18日23時59分まで。
省庁として発足前から、デジタル社会やデジタル改革の進め方などについて幅広い意見やアイデアを募集し、オープンに共有・議論する場「アイデアボックス」を展開。今秋からは、2世代目となる新しいプラットフォーム「PoliPoli Gov(β版)」(https://polipoli-gov.com/)に移行した。
 今回の意見募集の参考資料として、11月4日にオンライン開催した「第2回デジタル社会構想会議」の詳細な資料と「新重点計画の構成イメージ案」を公開した。これらの資料だけでも一見の価値ありだ。
 デジタル庁は、一人一人の多様な幸せを実現する「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」をミッションとして設定。募集テーマは「経済成長を実現するためにどのようなデジタル化が必要だと思いますか?」「海外でのデジタル行政の体験談を教えてください」など計六つ。ほかにも「データ戦略」「教育のデジタル化」などの意見も募集している。
 リニューアル前のアイデアボックスと異なり、投稿内容を運営側が確認してから公開される仕組み。「いいね」が多いと上に表示される。投稿はログインが必要だが、「いいね」はログイン不要。
 デジタル庁のウェブサイトでは、新デジタル大臣からのメッセージをはじめ、さまざまな政策、法令、資料などを公開している。(BCN・嵯峨野 芙美)

関連リンク

  • 11/8 19:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます