PS5でも快適に配信! 4K記録対応HDMIキャプチャーがアイ・オー・データ機器から

拡大画像を見る

 アイ・オー・データ機器は、ゲーム機の進化にあわせて最新のプレー環境を提供する周辺機器として、2製品を新たに発表した。4K記録対応HDMIキャプチャー「GV-USB3/HDS」とゲーミングディスプレイGigaCrysta「LCD-GCU321HXAB」で、12月に発売する。

 近頃、4KHDRに対応やハイリフレッシュレート(120fps)に対応したコンテンツが増えてきている。また、ゲームはプレーするだけでなく、ゲーム配信や実況動画など“観る”という楽しみ方も浸透してきた。ただ、従来のキャプチャーでは画質の劣化に妥協しなければならない場面もあった。今回の新製品はこうした最新のゲーム機器の性能をフルに生かせるよう開発した。
 GV-USB3/HDSは、最大4K30p/2K120pHDRのパススルー録画可能なUSB接続タイプのHDMIキャプチャー。OS標準ドライバーで動作するため、専用ドライバーをインストールする必要はない。4K画質動画、120fps動画、HDR動画対応の録画ソフト、編集ソフト、配信ソフト「XSplit」有償版2カ月クーポンも添付。次世代の映像をスムーズに取り扱うことができる。出荷日は12月中旬。想定価格は3万470円としている。
 同製品は、ゲーミングモニター「GigaCrysta」のファミリーブランドとして生まれた「GigaCrysta E.A.G.L(ギガクリスタ イーグル)」。「E.A.G.L」は、“Enjoying、Advanced、Gaming、Life”の頭文字で、“すべてのゲーマーに、より進化したゲームライフを楽しんでいただきたい”という想いを込めている。
 LCD-GCU321HXABは、31.5型 4K 144Hz対応ゲーミング液晶ディスプレイ。HDMI入力端子で4K 120Hzに対応し、PS5のパフォーマンスを最大限生かすことができる。オーバードライブ機能で応答速度1ms(GTG)を実現。残像感を低減し、激しい動きも滑らかに表示する。
 上下左右178度の広視野角パネルを採用。DCI-P3カバー率90%の広色域を実現。ほか、暗部の視認性を向上させるNight Clear Visionや、映像にメリハリをつけるエンハンストカラーを備える。スタンドは高さと角度の調節が可能。HDMI×3、DisplayPort×1、リモコン、USB HUBを搭載する。12月下旬に出荷予定で、想定価格は17万5450円としている。

関連リンク

  • 11/8 19:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます