人気女優の登竜門! 茅島みずき、第100回全国高校サッカーの応援マネージャー就任

 女優でモデルの茅島みずきが、12月28日に開幕する第100回全国高校サッカー選手権大会の応援マネージャーに就任することが決定した。

 記念すべき第100回大会となる全国高校サッカー選手権大会。これまで「高校サッカー応援マネージャー」は、初代の堀北真希を始め、新垣結衣、川口春奈、広瀬すず、永野芽郁、清原果耶、森七菜ら、そうそうたるメンバーが歴代マネージャーを務めており、前回大会の応援マネージャーには女優の本田望結が就任している。

 第17代応援マネージャーに就任が決まった茅島は、現在17歳。「アミューズ 全県全員面接オーディション2017 ~九州・沖縄編~」でグランプリを受賞し、2019年に清涼飲料水のCMで注目を浴びると、その後は女優・モデルとして活躍。連続テレビ小説『おかえりモネ』など多くのドラマに出演しているほか、「Seventeen」(集英社)の専属モデルを務めている。

 茅島は「高校サッカーの応援マネージャーは、絶対にやりたいと思っていたので、お話しを聞いた時は、すごく嬉しかったです。しかも第100回大会という記念すべき大会での応援マネージャーということで、本当に光栄に思っています。両親も喜んでくれましたが、普段、私の活動にはあまり関心のない兄が一番喜んでくれたことがとても嬉しかったです」と喜びのコメント。

 小学生の時にプロゴルファーを目指していたこともあり、ゴルフのベストスコアは70を誇るという茅島は「私もプロを目指して頑張っていたので、練習の大変さや、負けたときの悔しさ、たくさんの方の期待を背負ってプレイに臨むときのプレッシャーや不安は、100%理解できるわけではないですが、少しは分かり合える部分があると思うので、見てくださる方々にきちんとお伝えできるようにしたいです」と意気込みを語る。

 「選手の皆さんや、近くで支えてきた監督、コーチ、マネージャーさん、家族の思いに寄り添いながら、自分で見て感じたことをしっかりと発信できるような応援マネージャーになりたい」と話し、「青春の全てをサッカーに捧げ、たくさんの努力をしてきた選手の皆さん! 本当に悔しい思いや、辛いこと、大変なことがたくさんあったと思いますが、この大会で皆さんが全力を出せるように、精一杯応援しています。頑張ってください!」と選手たちにエールを送った。

 茅島みずきが応援マネージャーを務める第100回全国高校サッカー選手権大会は、12月28日開幕。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/8 17:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます