乃木坂46ベストアルバム ジャケ写完成、乃木坂駅に歴代衣装 ”10周年豪華制作陣集結”

拡大画像を見る

12月15日(水)に発売する乃木坂46初のベストアルバム『Time flies』のジャケット写真が遂に完成した。


10周年のベストアルバムだけに、グループの聖地でもある「乃木坂」の地をジャケットに収めたく、約6年前にリリースした記念すべき1stアルバム『透明な色』のジャケットをモチーフにする事をコンセプトに、10月中旬頃、東京メトロ「乃木坂駅」にて、終電から始発までの時間を利用して撮影を行なったそうだ。


1stアルバム『透明な色』のジャケットを手掛けたデザイナー川本拓三氏、それ以降のジャケットを手掛けてきたデザイナー吉田航氏がタッグを組みアートディレクションを担当。またコンセプトデザイナーとして活躍している和田昇氏、『透明な色』のジャケットを撮影したカメラマンなど、歴代ジャケット制作を担当したクリエイター陣が集結し、10周年にふさわしい布陣で制作している。


駅のホームでは、この10年間でリリースしたシングル表題曲の歌唱衣装、そして改札付近では、この10年間でメンバーが着用してきた制服をランダムに並べ、カメラマン太田好治氏が撮影。


またフォトブックに収録されるソロカットも、1stアルバムをオマージュして、同じく乃木坂駅周辺で、成長した今のメンバーの姿をカメラマン羽田誠氏が撮影。


10年間の歴史をまとめたスペシャルフォトブックやアーカイブ集など、ジャケット全体を通じて、乃木坂46の10年間の軌跡を振り返ることができる仕様となっている。


ベストアルバム『Time flies』のジャケット写真と、1stアルバム『透明な色』のジャケット写真を見比べるのもひとつの楽しみだ。


関連リンク

  • 11/8 19:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます