「麦わらの…」 あいみょんの歌詞を平安風にしたら「令和に入って一番笑った」

拡大画像を見る

麦わらの帽子の君が揺れたマリーゴールドに似てる。

歌手の、あいみょんさんが歌う『マリーゴールド』。サビ部分で、上記のような歌詞があります。

『第69回NHK紅白歌合戦』で、あいみょんさんが披露したため、聴いたことがある人もいるのではないでしょうか。

田中海の4コマ(@babaaaaa12345)さんは、この歌詞をもとにしたクスッと笑える創作イラストを描き、Twitterに投稿しました。

藤原の~。

描かれた人物は、本来の歌詞である、『麦わらの』の韻を踏み、『藤原の』と歌っています。

『藤原』は、平安時代、国の政治を担った貴族である『藤原氏』のこと。

平安時代の特徴をおさえつつも、口元のほくろといった、あいみょんさん本人の特徴も描かれているのが分かります。

投稿者さんが描いた漫画に、笑った人が続出しています。

・シンプルなのに、ツボにハマった。見るだけで爆笑できる!

・令和の時代に入ってから、一番笑った。

・じわじわくる…。脳内再生もできた!

平安時代にあいみょんさんが歌っていたら、このようになったのかもしれませんね!

[文・構成/grape編集部]

出典 @babaaaaa12345

関連リンク

  • 11/8 18:06
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます