北川莉央、高校生活でやり残したことは?「すべてモーニング娘。に捧げてきた」

【モデルプレス=2021/11/08】モーニング娘。’21の北川莉央が8日、都内で開催された北川莉央写真集『莉央・17th summer』発売記念イベント取材に出席した。

◆北川莉央、写真集発売に喜び

全編沖縄ロケを敢行した本作は、「もし島に北川莉央が転校してきたら…」をテーマに、等身大の北川をそのまま写し出したもの。夏・冬の制服や水着、体操着に浴衣、部屋着といった、さまざまな衣装に身を包んだ北川の姿を楽しむことができる一冊になっている。

心境を聞かれた北川は「素直に、こうして2冊目を出させていただけるのは、すごくすごくうれしくて。前回も沖縄で撮影させていただいたんですけど、前回はコロナウィルスの影響で、少ししか滞在できなかったのですが、今回は2泊3日、しっかり沖縄で全部撮ってきたので。海のきれいさだったりとかも、すべて本の中とかに詰まっているので。そこは見どころだし、すごくうれしかったと思っています」とにっこり。

お気に入りのカットには、夕暮れ時の海辺で撮影した一枚を選び「ファンの方とかに、横顔を褒めていただけることが多くて。私も、横顔が自分の顔の中で一番好きな角度なので(笑)」としたうえで「すごく景色がきれいで。夕焼けなんですけど、本当に数分間の間でしか撮れなかったカットだったので、すごくこのカットは、思い出にも残っているし、お気に入りです」と満足げに語った。

◆北川莉央、高校生活への思い

その後、高校生としてやり残したことがないか聞かれた北川は「高校1年生の夏に加入したので、高校生活はすべて、モーニング娘。の活動に捧げてきたんですけど、普通の高校生じゃ経験できないような経験を、たくさんさせていただいた」としつつ「やっぱり、修学旅行とか、そういうのは、ちょっと憧れがあるなあって思うので、何か番組の企画とかでも、修学旅行企画みたいなのをやってみたいなって思います」と白い歯を見せた。

制服については「グラビアの撮影とかで、制服を着させていただく機会がすごく多いので。ああ、もう着なくなるのかあとか。着る年齢じゃなくなるのかって思うのが、すごく自分でびっくりしているんですけど、逆に制服がいい意味で似合わないというか、ちょっと大人っぽくなれたらいいなって思っています」とコメント。

◆北川莉央、前作からの成長は?

さらに、ファースト写真集と比較して、大人になったと感じたことを聞かれた北川は「前回の写真集は、すごく決めの顔が多くて、カメラ目線でばっちり写っている顔がすごく多いなっていう印象があったんですけど、今回はすごくリラックスして撮影に臨めたというか。いい意味で慣れが出てきて撮影ができたので、自然なカットとかもたくさん入っているのが、前作からの違いだなって思って。そこは成長だと思います」と明かしていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/8 17:58
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます