森七菜、女子高生役で完全復活も「前事務所時代の月給」に驚きの声

拡大画像を見る

 11月6日に放送されたオムニバスドラマ「世にも奇妙な物語21 秋の特別編」(フジテレビ系)に、森七菜が出演した。同ドラマで森は、女子高生を演じ大きな注目を集めたという。

「森は今回、県内で最低偏差値の高校に通うおバカな女子高生役を熱演しました。現在20歳の森ですが、違和感のない制服姿に、SNSでは『女子高生バージョンの七菜ちゃんが可愛すぎる!』『まだまだJK姿イケる!』と絶賛の声が相次いでいます」(テレビ誌記者)

 森といえば今年、事務所移籍騒動の影響でメディア出演が激減。しかし現在は、今回の「世にも」やCMなどの出演が相次いでおり、完全復活の噂も一部で囁かれている。

 そんな中、森の“前”事務所時代の給料が「フライデー」に掲載され、ファンを驚かせているようだ。

「11月5日発売の『フライデー』によると、森が前に所属していた事務所では、月給が7万円だったそう。そのため、移籍の理由は待遇の改善を求めてのことだったのだとか。森は当時からドラマやCMに引っ張りだこだったこともあり、ファンの間で『7万円って安すぎ!』『事実なら、そりゃ移籍したくなる』『“七菜”だから7万円だったのか?』などと驚きの声があがっています」(芸能記者)

 タレントを売り出すまでには多くのお金がかかるほか、給料とは別に生活費が支払われているケースもあるため一概に言えないが、“月給7万円”という額は、ファンにとってもインパクトがあったようだ。

関連リンク

  • 11/8 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ***

    11/10 12:18

    7万円ては少ないな!せめて12~3万位は与えないとな!

記事の無断転載を禁じます