【先週のJRA抹消馬】重賞2勝のシュウジ、日経新春杯覇者ショウリュウイクゾなど

拡大画像を見る

 11月1日〜11月7日の期間では、2016年阪神C(GII)など重賞2勝のシュウジ(牡8、栗東・昆貢厩舎)、今年の日経新春杯(GII)覇者ショウリュウイクゾ(牡5、栗東・佐々木晶三厩舎)、前走小倉大賞典(GIII)を制したテリトーリアル(牡7、栗東・野中賢二厩舎)と、3頭の重賞勝ち馬がJRAの競走馬登録を抹消された。

 重賞勝ち馬以外では、2019年の福島民報杯(L)を制し、以降は重賞や障害競走で活躍したレッドローゼス(牡7、美浦・国枝栄厩舎)、2018年皐月賞馬エポカドーロの半妹カインドリー(牝4、美浦・田村康仁厩舎)、フォレ賞(仏G1)3着エントシャイデンの半妹アフランシール(牝5、美浦・尾関知人厩舎)などが抹消されている。

 シュウジは、北海道・新ひだか町のアロースタッドにて種牡馬入りを予定。ショウリュウイクゾは、馬事公苑で乗馬となる予定。テリトーリアルのけい養先は未定だが、今後は乗馬となる予定。

 収得賞金200万円以上の抹消馬一覧は下記のとおり。

11月3日
アイスナイン
エルセンブルグ
エールオンレール
ギャラッド
グラウシュトラール
グロリユーノワール
ディナミーデン
ナムラタイガー
ニシノコデマリ
ハーシェル
ビービーラノビア
ミストラルウインド
ユイノシワザ
ローレルリーベ

11月4日
ウインアルバローズ
カインドリー
グッドヒューマー
ショウリュウイクゾ
チャムランテソーロ
トウケイココノエ
トーホウエンジェル
プリモダヴィンチ
マンハッタンロック

11月5日
アルミューテン
エスキシータ
ギャラクシーエッジ
ゴライアス
サトノラファール
シュウジ
チョーズンワン
ディアボレット
テリトーリアル
パキュートハート
ヒシカムイ
ピースプレイヤー
ペプチドハオー
メイショウミナヅキ
メジャーリーガー
ララロワ
リアンフィーユ

11月6日
アシャカリブラ
アフランシール
ノボベイビー
レッドローゼス

11月7日
ギベルティ

(JRAのホームページより)

関連リンク

  • 11/8 16:20
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます