小川彩佳、太田光“暴言連発”で「とばっちり炎上」!不穏すぎる批判の声とは

拡大画像を見る

 爆笑問題・太田光による大物政治家への「失礼すぎる発言」の波紋が意外な方向にも向かってしまったようだ。

 去る10月31日の衆院選選挙特番「選挙の日2021」(TBS系)でスペシャルMCを務めた太田。開票速報の合間に与野党の政治家と中継を結び、インタビューしたが、そこでの数々の暴言に非難が殺到したのは周知の通り。番組冒頭、自民党の甘利明氏に「もし負けたら戦犯ですよね?」「日焼けしてますけどゴルフ焼けですか?」「ご愁傷さまでした」とまで無遠慮に言い放ち、二階俊博氏には、さらにヒートアップ。「人相が悪いんですけど怒ってますか?」と外見イジリし、終盤には「いつまで政治家を続けるつもりですか?」と問いかけ二階氏を「失礼だよ!」と激昂させる大荒れの内容となった。

 同番組での太田について「“不規則発言”によって政治家の素顔を引き出せていた面は少なからずあり、ふだんの芸風からして存分に予想できた展開ですが、選挙特番でやらかしたのがマズかった。後日、太田はラジオで反省の弁を口にしたものの批判は収まりません」と語るのはテレビ関係者。

 当然のごとく大炎上に至った太田だが、実は、批判は共演者にも及んでいた。同番組で共演していたフリーアナの小川彩佳までとばっちりを食らうハメになったのだ。

「小川に『どうして太田を止めなかった』『彼女も(太田の)共犯に等しい』と厳しい声がSNS上で相次いでいる。さすがに『共犯』とまで断罪するのは気の毒ですが…」(前出・テレビ関係者)

 いずれにせよ、テレビ史に残る選挙特番となった。

(川瀬大輔)

関連リンク

  • 11/8 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます