ニコン、大井製作所内に新本社を建設 ニコンミュージアムも併設

拡大画像を見る

 ニコンは11月4日、東京都品川区の大井製作所敷地内の空き地に新本社を建設する方針を固め、具体的検討を開始したと発表した。22年夏に着工、24年春に竣工、24年夏に稼働開始の計画。

 新本社は、地上6階、延床面積4万2000m2程度となる見込み。柔軟な働き方に対応したワークプレイスを整え、デジタル化を推進するオフィス空間を目指す。サステナビリティを重視し、地域に根ざした環境配慮型オフィスビルとして、建物全体での大幅な省エネを実現し、「ZEB Ready」認証を取得する見込みで、太陽光発電の導入による創エネも行う計画。
 ニコンの各事業の歴史、製品、技術などを展示する「ニコンミュージアム」も新本社ビルに併設する。
 建設予定地(東京都品川区西大井1丁目5480-1他)は、ニコンが100年以上にわたって拠点を構え、さまざまな製品やサービスを生み出してきたゆかりの地。ニコンの旧社名が「日本光学工業」であったことからいつしか「光学通り」と呼ばれ、新本社は、その光学通りに面した立地となる。
 計画の詳細は、決まり次第改めて発表する。ニコン 大井製作所へのアクセスはJR横須賀線・湘南新宿ライン 西大井駅から徒歩4分。
 現在のニコン本社・ニコンミュージアムの所在地は東京都港区・品川インターシティC棟で、アクセスはJR品川駅から徒歩約7分、京急品川駅から徒歩約10分。

関連リンク

  • 11/8 17:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます