間宮祥太朗、照れまくり “人生初の経験”で黒谷友香の輝く笑顔を「直視できない」

拡大画像を見る

日本歯科医師会による同賞受賞の知らせに黒谷友香は「本当にびっくりしましたけど、普段私に接してくださっているさまざまな方々や私の愛馬たち…周りの人たちのおかげで私の笑顔が生まれたり表情が豊かになったり心が動いているので、周りに感謝しないといけないと改めて思いました」と輝く笑顔でスピーチ。一方、間宮祥太朗は「ありがたいですし、嬉しいですけど、にわかに信じがたいというか…」と控えめだ。「あまり役柄でも笑顔をしてこなかったので、『本当に?』とマネージャーに言いましたね。今、照れくさいような…恐縮していますね」とどこか居心地が悪い様子だ。

授賞式では受賞者同士で互いに笑顔を見せ合ってそれぞれの感想を述べることに。これは毎年恒例になっているが、照れまくる間宮は「(黒谷の笑顔を)直視できない」と口にして「初めましてなんですけど、裏でも気さくに話してくださって、笑顔がとても素敵な方だなと。内面からの笑顔という感じ」と評した。続けて間宮がとびきりの笑顔を黒谷に見せる番に。大照れの間宮はアクリル板越しになんとか笑顔を披露すると、黒谷は「ギャップですね! 普段のクールな感じと笑顔の可愛い感じが」と明るく褒めた。司会者から「弾けるような笑顔の感じが…」と言われると、間宮は「弾けざるを得ないんですよ!」と言い返し、よほど照れくさかったようだ。

素敵な笑顔には歯と口の健康は不可欠だが、間宮は何年も前から舌のケアも気遣っているという。舌についた汚れである舌苔は口臭の最大の原因となるが、間宮も「口臭は舌苔から出るというのを3、4年前に聞いたので、舌磨きのブラシをするようにしたり、舌がきれいになるやつ(タブレット)で意識するようになりました」とケアしてきたとのこと。それでも「ドラマとかで女優さんと近くなるときはなるべく呼吸しないように(しています)」と冗談めいて笑いながら告白すると、黒谷も「大丈夫? 倒れないでね」と笑った。

しかしその舌磨きの方法では間宮にダメ出しが。間宮は「舌に押し付ければ押し付けるほど取れる」と考えていたため、かなり力を入れて磨いていたが、それだと舌にある味蕾(食べ物の味を感じる小さな器官)も取れてしまうという。それを知った間宮は「俺はだいぶ味を感じるものを失ってきた。4年ぐらいずっと味を失い続けてきた」と自虐気味にコメント。正しくは朝起きてすぐに2、3回軽く奥から前に掻き出すように白いネバネバしたものだけを取るのが良いという。

舌苔の取り方が間違っていたことが判明した間宮だが、歯や口のケアに関して「まだまだ知らないことばかりなので、伸びしろしかないと思います」と至ってポジティブ。最後に間宮は「『俳優は歯が命』という言葉を聞くので、命を大切にしたいと思いましたし、口の中の健康が体の健康に関わってくるというのを本日知ることができました」と述べてから「今日は黒谷さんと笑顔を見せ合うという人生で初めての経験をしてすごく楽しかったです」と大照れの経験を振り返って、受賞者にふさわしい笑顔を見せた。
(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

関連リンク

  • 11/8 17:03
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます