アイドルとプロデューサーの不倫交際、経験者語る「裏方と付き合うのはラク」

拡大画像を見る

 アイドルグループ「ZOC」メンバーの巫まろ(かんなぎまろ・26歳)と、アイドルグループ「豆柴の大群」や「BiSH」などを手掛ける音楽プロデューサーの渡辺淳之介氏(37歳)が半同棲中であると「文春オンライン」が報じた。渡辺氏は妻帯者であり、不倫交際ということになる。報道を受け、二人はTwitterで謝罪した。

 ファンは驚きを隠せないだろうが、そもそも表に出る立場のアイドルと裏方のプロデューサーが交際することは、ありうる話なのだろうか。

裏方の人間と付き合うのはラクなんですよ」と話すのは、元ライブアイドルで既婚者プロデューサーとの不倫経験があるユウカさん(20代・仮名)。

◆プロデューサーと不倫交際していたアイドルの証言「裏方の人間と付き合うのはラク」

 今回の報道を見てユウカさんは以前、既婚者のプロデューサーと付き合っていたことを思い出したという。ユウカさんは地下アイドルだったことから「巫さんと同じ立場で話をするのは少し違うかもしれませんが」と前置きしたうえで自身の経験を打ち明ける。

「私は所属していたユニットに楽曲提供してくれていた人と交際していました。仕事の情報共有のために事務所の社長やメンバーとグループLINEを作っていて。そこから個人的に連絡がきたことがきっかけでした。

 当時、私はユニットでの立ち位置や今後のことですごく悩んでいたので、純粋に心配してLINEをくれたんです。それで、相談にのってもらっているうちに……」(ユウカさん)

◆お互いに忙しくても“隙間時間”は作りやすい

 とはいえ、彼が既婚者だということは知っていた。

「薬指に指輪をしていたから結婚しているんだなって。私も若かったし、『別れて欲しい』とも思わなかった。ただ、彼は多忙で不規則な生活だったから奥さんとはうまくいってないと言ってたんです。実際、私のほうが彼と会っていたはずなので、奥さんよりも好かれている自信もありました。

 会社のなかにいなければならないサラリーマンとは違って、この業界の仕事は忙しくても“隙間の時間”は作りやすい。ライブとライブの間に食事に行ったり、奥さんが実家に帰っている日に泊まりに行ったり」(ユウカさん)

 渡辺氏はTwitterにて、不倫報道について「現在、妻とは以前から別居しており妻に全てを打ち明け、離婚協議中でありました」と説明している。

◆周囲から疑われてもごまかしやすい

 ユウカさんが、アイドルがプロデューサーなどの裏方と付き合う利点を説明する。

「たとえば、一緒に出かけても手を繋いだりしなければ、うっかりファンの人と遭遇しても『仕事関係者といるだけだな』と思ってもらえるし、他のアイドルの子に疑われてもごまかしやすいので。ただ、巫さんはもちろん、渡辺さんもテレビに結構出ているし、WACK(渡辺氏が代表を務める芸能事務所)が有名だから、脇が甘いという感じはしました。

 私みたいな地下アイドルでさえ、彼と付き合っていたときには、渋谷や新宿、秋葉原などのライブハウスが多い場所では少し離れて歩いてましたから」(ユウカさん)

 ZOCのプロデューサーでメンバーでもあるシンガー・ソングライターの大森靖子はTwitterで「渡辺さんより巫と懇意にしていることを以前より伺っており、一部メンバーもこの事実を知り、困惑しておりました」と明かした。

◆周囲に話すなんて「よっぽど真剣なんだな……」

 メンバーが不倫交際を“知っていた”という事実に対して、ユウカさんは驚きを隠せない。

「私の場合は、徹底的に隠してました。でも、雰囲気とかで『2人ってなんかある?』と疑われたこともありましたけど。元カレは、奥さんとうまくいってないとはいえ、離婚をする気も私との未来を考えているそぶりもありませんでした。だから、プロデューサーという立場上、絶対にバレたくないんだろうなって。

 渡辺さんと巫さんが、わざわざ付き合っていることをまわりに話すなんて、よっぽど真剣なんだな……とは感じましたけど」(同)

◆じつは、裏方と付き合うアイドルは少なくない

 ユウカさんのまわりでも裏方と付き合う子は少なくなかったという。

「別のユニットの子で、プロデューサーや事務所の社長、マネージャーと付き合っていた子もいました。ただ、アイドル側が仕事がほしくて……というパターンが多かったかも。実際、仕事を多くもらっていたと思う。

 ただ、私の場合は、彼が関わった楽曲で私がメインをやるとか持ちパートが多いとか、そういうこともありませんでした。特別待遇もなければ冷遇もなかった(笑)。ある意味、潔い関係だったのかもしれない」

 現在、ユウカさんはアイドル業を引退して結婚。一児の母となった彼女は当時を振り返り「芸能界も妻帯者との恋愛も私には向いてなかった」と苦笑いした。

<取材・文/吉沢さりぃ>

【吉沢さりぃ】
ライター兼底辺グラドルの二足のわらじ。近著に『最底辺グラドルの胸のうち』(イースト・プレス)がある。趣味は飲酒、箱根駅伝、少女漫画。『bizSPA!フレッシュ』『BLOGOS』などでも執筆。Twitter:@sally_y0720

関連リンク

  • 11/8 15:54
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます