岡山、早稲田大MF田中雄大の来季加入が内定「『サッカー小僧』であり続けます」

拡大画像を見る

 ファジアーノ岡山は8日、早稲田大学のMF田中雄大の来季新加入が内定したことを発表した。

 田中は1999年生まれの21歳で、身長162センチメートルのMF。神奈川県出身で、桐光学園高校から早稲田大学に進学した。来季加入が内定した田中は岡山のクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「2022シーズンよりファジアーノ岡山に加入することになりました、早稲田大学の田中雄大です。幼稚園の時からサッカーを始め、いつの日からか夢に描いていたプロの世界に入ることができ、とても嬉しく感じます。大学生活では、怪我に悩まされ約半分の期間をリハビリに費やしました。様々な現実と向き合い、プロサッカー選手になる意味とはどういうことなのか、そもそもプロサッカー選手になるという夢を諦めようと思うことも多くありました。その中で、私自身初めてプロチームからオファーをいただいたクラブがファジアーノ岡山でした。まさに『夢』を与えていただきました」

「ファジアーノ岡山は、『子どもたちに夢を!』という明確な理念を掲げているクラブであり、また練習参加をした際に、地元の多くの方々に温かく応援され『一緒に育む気持ち』に支えられていることを感じました。私もその一員となり、夢や地域に貢献できる存在になりたいと思います。そして、私はサッカー小僧です。『お前はサッカー小僧だ』と早稲田大学の外池監督に言われ続けました。『サッカー小僧』とは、闘うことや挑むことを厭わずボールを奪い、ゴールを目指していく姿勢であり、それが私の最大の強みです。プロの舞台でもずっと『サッカー小僧』であり続けます」

「ファジアーノ岡山を応援してくださる、ファン、サポーターの皆さま、関係者の皆さま、これからよろしくお願いします!そして、今まで自分を支え続けてくれた家族、友人、チームメイト、指導者の方々、私に関わっていただいた全ての方々にこの場を借りて感謝申し上げます」

関連リンク

  • 11/8 16:04
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます