新しい学校のリーダーズ[ライブレポート]海外初パフォーマンス! ロサンゼルスで生み出した熱狂「めちゃめちゃ気持ちいい〜!」

新しい学校のリーダーズが、11月6日(土)にロサンゼルスにて開催された88rising主催音楽フェス<Head In the Clouds>に出演した。本記事では、2万5,000人規模の会場で海外初パフォーマンスを披露した同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

メンバーが登場すると、ロサンゼルスの観客に大和魂を見せつけるような人間太鼓のステージから「最終人類」でライブをスタート。組体操のような振り付けが盛り込まれた激しいダンスからは、初めての海外フェスに対する気合いが十分に感じられた。

1曲目が終わった後のMCでは英語での自己紹介もあり、SUZUKAが英語で“Say、めちゃめちゃ気持ちいい〜!”と呼びかけると、観客もそれにしっかりと“MECHA MECHA KIMOCHII〜!””と応える場面も。

そして、“Let’s Go Head in The Clouds!””と叫ぶと2曲目の「試験前夜」へ。赤いハチマキを使ったパフォーマンスが彼女たちの歌と踊りをより際立たせ、続けて「恋ゲバ」でもダイナミックなダンスと演出で会場を圧倒した。

「Intergalactic Remix」のイントロがかかると、耳馴染みのある曲に観客の盛り上がりが一気に加速。ビースティー・ボーイズが1999年の<MTV Video Music Awards>の最優秀ヒップホップ・ビデオ賞を受賞したMVでも着用していた工事用のベストとヘルメットを着てパフォーマンスに挑み、“We are Bestie Girls!”とビースティー・ボーイズへのリスペクトの気持ちも捧げるパフォーマンスとなった。

「NAINAINAI」では、SUZUKAが“Put your hands up!”と呼びかけると、観客もみんな手を挙げて応え、会場全体に一体感が生まれ、新曲「Free Your Mind」では後ろにセーラー服を着たバックダンサーも加わり、今までにない新しい形でのステージパフォーマンスで魅せる。

クライマックスにはエイリアンが登場し、メンバー対エイリアンとの戦いで「Pineapple Kryptonite」。アクロバティックな踊りで会場のボルテージは最高潮に。中にはパイナップルを掲げるファンの姿も。最後は「夕焼け小焼け」のメロディに合わせ、メンバー全員が“またね〜!”と走って退場。

海外初のパフォーマンスにも関わらず、堂々とし、レベルアップした彼女たちの勢いを感じさせるようなステージとなった。

デジタルEP『SNACKTIME』
2021年11月12日(金)より主要音楽配信サイトおよびストリーミングサービスで配信スタート。

ライブ情報
<新しい学校のリーダーズワンマンライブ at 恵比寿 LIQUIDROOM>
日程:2022年1月30日(日)
会場: 恵比寿 LIQUIDROOM
https://leaders.asobisystem.com/event/339772

関連リンク

ワンマンライブ詳細オフィシャルサイトオフィシャルSNS

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/8 14:02
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます