ジュード・ロウが“モンスター”ヘンリー8世に ミシェル・ウィリアムズ主演サイコスリラー

拡大画像を見る

 『ファンタスティック・ビースト』シリーズのジュード・ロウが、英ヘンリー8世の最後の妻キャサリン・パーを主人公にしたサイコホラー映画『Firebrand(原題)』で、アン・ブーリンと再婚後彼女を処刑した事でも知られる英テューダー朝の王ヘンリー8世を演じることが明かになった。

 Deadlineによると、ジュードが出演するのは、英テューダー朝の国王ヘンリー8世の6人目にして最後の妻キャサリン・パーを主人公にした作品。ヘンリー8世の前妻たちは全員、離婚や処刑などで王妃の座を追われており、彼女はその中で唯一その座を全うした人物で、政治にも影響を与えた。ジュードは、“モンスター”ヘンリー8世を演じるという。

 本作では、ヘンリー8世最期の数ヵ月を、キャサリンの視点で、モンスター(ヘンリー8世)との暮らしが描かれるという。ヘンリー8世は、シェークスピアが描いた作品を筆頭に、これまで多くの映画やドラマで描かれてきた。

 『見えざる人生』でカンヌ国際映画祭ある視点部門グランプリを受賞したカリム・アイノズがメガホンを取り、『キリング・イヴ』に参加した脚本家コンビ、ジェシカ・アシュワースとヘンリエッタ・アッシュワースがペンを取る。

 アイノズ監督はキャサリンの人物像を、恐ろしいまでに優秀で、見識があり、自由な女性と表現。「彼女はこれまで、英テューダー朝の歴史の中で、軽視されてきました」。「ヘンリー8世の専制君主政治や、彼の人柄、また彼が手にかけた人々に関しては多く語られてきましたが、本作では彼との結婚生活を生き抜いただけでなく、攻略し、成功した女性に注目します」とコメントしている。すでにその時代のロケーションや城を見つけているそうだ。

 ジュードはこの後、『ファンタスティック・ビースト』シリーズ第3弾と『Peter Pan & Wendy(原題)』の公開が控えており、『シャーロック・ホームズ』第3弾に出演する予定。

関連リンク

  • 11/8 12:07
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます