ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソンに和解申し入れ…『ワイスピ』ファイナルに出演オファー

拡大画像を見る

ヴィン・ディーゼルが先月、『ワイルド・スピード』シリーズでブライアン役を演じ2013年に亡くなったポール・ウォーカーの娘メドウの結婚式に『ワイスピ』ファミリーと出席し、ポールの代わりにメドウとバージンロードを歩いた。

これを機に、改めて同シリーズについてなにか感じることあったのか、『ワイルド・スピード ICE BREAK』のセットで衝突したことをきっかけに不仲であることを公にしているドウェイン・ジョンソンに、和解を申し入れた。


「弟のドウェイン…時がきたよ。世界が『F10』(『ワイルド・スピード』最終章)を待っている」とインスタグラムで呼びかけ、「何年か前に話したよな。おれはパブロ(ポール)との約束を果たすって。『F10』を必ず最高のものにしてみせるって誓ったんだ。これは好きだから言うんだけど…出演してくれなきゃダメだよ。シリーズを無駄にしないでくれ。きみにはものすごく大切な役があるだろう。ホブスはほかの誰にも演じられない。立ち上がり、運命を全うしてくれることを願うよ」とラブコールを送った。

ヴィンは「うちの子どもたちが『ドウェインおじさん』と呼んでいるのは知っているだろう?」と、自分の子どもネタまで出しており、下手に出て歩み寄っていることがうかがえる。

『ワイルド・スピード』シリーズは、次回作(2部構成になるとのうわさ)で幕を閉じることが決まっている。



(Hiromi Kaku)

関連リンク

  • 11/8 13:31
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます