荻原次晴氏、18歳以下10万円給付検討に「もし配るのなら一律にの方が」

拡大画像を見る

 長野五輪スキー日本代表でスポーツキャスターの荻原次晴氏が8日、TBS系「ひるおび!」で、政府が検討している18歳以下の国民に一律10万円給付というニュースに「配るのであれば一律に、の方がいいのかなと」という意見を述べた。

 番組では政府が検討を開始したコロナ支援のための給付金について特集。所得制限は設けず、18歳以下に一律10万円という案が出ている。

 これに荻原氏は「うーん、難しい。私は子どもが4人おりますので、頂けるのであればそれは助かりますが…」と複雑な表情。「でも、頂いたら頂いたで、もらえなかった人との不公平感もあると思うし、地域の人の生活なんとなく見えていて、あの人もらったみたいよ、とかなんかあるじゃないですか」ともらった人、もらえなかった人で温度差が出てしまうのではないか、と指摘。

 恵俊彰が「ネットワークがあるわけですね」と言うと、荻原氏は「あります、パパ友、ママ友」と即答。「そうすると分断とはいかないまでも、ちょっとあるんじゃないか」と気持ち的な後ろめたさなどが出ると心配。「もしも配るのであれば、一律に、の方がいいのかなと…」と所得や年齢などで区分しない方がいいのでは?との考えを示していた。

関連リンク

  • 11/8 13:20
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます