ダービーは辛いドローも今季無敗キープ…ミラン指揮官「我々も強いことを証明した」

拡大画像を見る

 ミランを率いるステファノ・ピオリ監督は、インテルとのダービーを終えてコメントした。7日、イタリアメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 ここまでリーグ戦で未だ無敗のミランは、3位につけるインテルと白熱の“ミラノ・ダービー”を迎えた。序盤にハカン・チャルハノールのPKで先制を許したものの、直後にセットプレーからオウンゴールを誘発して追いつくと、その後はPKストップなど数々のピンチを凌ぎゴールを与えず。1-1のままライバルとの直接対決を終えた。

 ミランを率いるステファノ・ピオリ監督は、苦しい展開が続いたインテル戦を振り返りつつ、チームの強さを改めて発揮できたことも口にした。

「我々は勝つためにプレーしたが、複雑で難しい試合だった。惜しみないパフォーマンスを非常に強いチームを相手に見せられたと思うよ。我々も強いことを証明したね」

「我々は今の状況から成長するために、この試合を最大限に利用することができたと思う。インテルのようなリーグのなかでも強いチームと対戦するときは、ミスが起こるものだ。だが、チームであり続けることが大事なんだよ」

「我々がゲームをやり繰りしているうちにビハインドとなってしまったが、そこであるべきリアクションがあった。ピッチのなかで考え方ややり方を保ち続けたんだ」

「いつもうまく行ったわけではなかったが、我々は危険な存在になれていたし、次々とボールに対して戦うことができていた。苦しんだが、同時にチャンスを作ることもできていた。守備面でも、ラウタロやジェコ、コレア、サンチェスと2対2の状況になることを受け入れる勇気を持っていた」

「欧州のリーグ戦で無敗なのは我々とナポリだけだし、それは我々が素晴らしい取り組みをしていることの証なんだ」

関連リンク

  • 11/8 11:23
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます