茅島みずき「高校サッカー応援マネージャー」就任 “先輩”清原果耶と朝ドラ共演で感謝

【モデルプレス=2021/11/08】「第100回大会 高校サッカー応援マネージャー就任発表」が2日に都内で開催され、女優・モデルの茅島みずきが今大会の応援マネージャーを務めることが明かされた。

◆茅島みずき、高校サッカー応援マネージャー就任で「すごく光栄」

現役高校生の茅島は、セーラー服姿で登場。応援マネージャー就任を知ったときの思いを聞かれると「全然何のことかわからずに、事務所に行って。そうしたら、高校サッカーの応援マネージャーが決まったよということで。最初はすごくびっくりしたのと、実感がわかなくて、そのときは。それで、お家に帰りながら、だんだんと自分が応援マネージャーさんになれたんだということで、嬉しさがこみあげてきて、すごくドキドキしながら帰ったのを覚えています」と笑顔。

応援マネージャーそのものについては「私がこのお仕事を始めてから、このお仕事は絶対やりたいって、いくつか思ったうちの一つが『応援マネージャー』さんのお仕事だったので。純粋にすごくうれしかったですし、今回第100回ということで、歴史のある、記念すべき大会のマネージャーさんにならさせていただけるって、すごく光栄なことだなという風に思います」と語った。

どんな応援マネージャーになりたいか問われた茅島は「高校3年間を、サッカーのためだけに、自分の青春を注いで、頑張ってきた選手の皆さん、そしてそれを近くで支えてきた監督・マネージャーさん、家族の思いっていうのを、本当に大切に寄り添いながら。自分から見て感じることとかを、しっかりと皆さんに発信できるようなマネージャーさんになりたいです」とコメント。

大会に参加する選手たちへのメッセージを求められると「今まで3年間、本当にたくさんの自分のやりたいこととかを我慢して、青春を注いできて、本当に悔しい思いだったり、つらい思い、大変なことって、たくさんあったと思うんですけど、今回のこの大会で、皆さんが全力を出せるように、精一杯応援しています。頑張ってください!」と呼びかけた。

◆先輩・清原果耶とのエピソードも

その後の質疑応答で、事務所の先輩であり、朝ドラでの共演も叶った清原果耶が、かつて応援マネージャーを務めていたことに話が及ぶと「朝ドラの現場でご一緒させていただいたときに、やっぱり私も、初めての朝ドラ出演ということで、リハーサルのときに、すごく緊張していて、あんまりいいお芝居というか、自分が納得できるお芝居ができなかったときに、すごく優しく声をかけてくれたり。アドバイスというよりかは、私の緊張がほぐれるように、いつも気にかけてくださいました」と、清原に対する感謝の気持ちを明かしていた。(modelpress編集部)

◆茅島みずき(かやしま みずき)プロフィール

生年月日:2004年7月6日
出身地:長崎県
身長:170cm
特技:ゴルフ(ベストスコア 70)

「アミューズ全県全員面接オーディション2017~九州・沖縄編~」グランプリ受賞。2019年の大塚製薬「ポカリスエット」のCMで注目を浴び、女優・モデルとして活躍。出演作は映画「青くて痛くて脆い」、ドラマ「ここは今から倫理です。」(NHK)、「おかえりモネ」(NHK)など。現在は「SUPER RICH」(フジテレビ)に出演している。集英社「Seventeen」専属モデルを務め、「東京ガールズコレクション」には2019年に14歳で出演して以来、9回連続で出演し、ランウェイを歩いている。小学生の時にプロゴルファーを目指していたこともあり、ゴルフのベストスコアは70を誇る。多数のCMにも出演中。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/8 10:59
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます