男性ウケする冬場のデート服は何が正解なの?タートルネック一択の理由とは

ミカコちゃん:「ねぇねぇイシジマ、AM読者様の中で一番、冬場のデート服の準備が万端な女性って誰?」 担当編集I嬢:「タンスに服が溢れてるのに、デートに着る服がないのなぜなんでしょう」


今週のテーマは「冬場のデート服」です。ポイントは「冬場の」という部分。少し前から、肩の一部が見えるようになっているショルダーカットのトップスが流行っていますけど、あれは春から秋にかけてはデート服になっても、冬には不向きです。冬はデザイン性だけでなく「防寒」も大事なので。

来月はもう12月。来たるべき冬シーズンに供え、防寒の役割も果たしてくれるデート服の準備を済ませておきましょう。せっかくですから、冬ならではの、冬しか登場しないアイテムを用いたいですね。

だからといって、「腹巻き」や「毛糸のパンツ」というわけにはいきません。さすがに色気もへったくれもないですから。男性は皆、女性のパンツが大好きですけど、毛糸のパンツだけは別でしょう。ベッドインした際、女性が腹巻きや毛糸のパンツを装着していたら、一気に萎えるはず。私たち女性とて、ベッドインの際に男性が「ラクダのももひき」を穿いていたら、百年の恋も一瞬で冷めちゃいますからね。お互い様です。

今から買うべき冬のデート服

今こそ全ての日本国民に問います。

男性ウケする冬場のデート服は、何が正解なのでしょうか? 

そんなことも知らずに、やれ「小学校低学年の頃はウサちゃんの毛糸のパンツを穿かされていたなぁ」とか「いまどきの小学生は『鬼滅の刃』ブームで市松模様の毛糸のパンツなのかなぁ」などと言っている日本人のなんと多いことか。

しかしミカコちゃんは知っています。男性ウケする冬場のデート服とは……!? 

「タートルネックのセーター」です。

タートルネックがデートに最適!?

タートルネック……ミカコちゃんが子どもの頃は「とっくりセーター」と呼ばれていました。そういえばドラマ『ハケンの品格』でも大泉洋さん演じる東海林が、篠原涼子さん演じる大前春子を「とっくり」と呼んでいましたっけ。それはさておき……。

春から秋、特に夏場は「通気性」「涼しさ」が重要視されるので、Vネックやスクエアネックばかり選びがちです。真夏にタートルネックなんぞ着用したら、首回りに「あせも」が出来ちゃいそうですからね。そう考えるとタートルネックのセーターは、冬に特化したデザインと言えるでしょう。

タートルネックは、首の部分がシュッと細長く見えるぶん、胸部が大きく見える視覚効果があります。男性は皆、オッパイが大好きですからね。向かい合わせのテーブル席で食事デートを楽しんでいる間じゅう、相手男性の目線はアナタ様の胸元に釘付けでしょう。

しかもタートルネックは、保温効果も抜群です。飲食店を出てラブホ街へ移動する際も、寒さが気になることはないでしょう。

中には、「顔が大きいのでタートルネックが似合わない」と、躊躇する人もいるかもしれませんね。確かにタートルネックは、首が細くみえるぶん、首の上に乗っかっている顔の大きさが強調されるのは事実です。

男子たちが見ているのは…

でも大丈夫! モテ女子たちは皆、口を揃えてこう言います。「男子はオッパイとお尻しか見ていない」と。ってことは、顔の大きさには目もくれず、カレの目線は貴女サマの胸元に全集中していることになります。尻は……、食事デートのように着席した状態だと見えようがないですからね。お好きなボトムスを合わせてください。オススメを挙げるとするならばタイトスカートです。ヒップラインが強調されるので。

「冬場にスカートは寒いでござる」と思うかもしれませんが、大丈夫! あえてミニ丈のタイトスカートをチョイスし、そのぶんニーハイブーツを合わせましょう。ニーハイブーツっで膝が守られているぶん、めっちゃ温かいんですよね。ミカコちゃん自身も30代後半から、「膝があったけぇ!」という理由で、冬場はニーハイブーツばかり穿いています。

以上を踏まえ結論です。冬のデート服は、タートルネックのセーターとタイトスカートにニーハイブーツでキマリ! 

Text/菊池美佳子

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/8 11:00
  • AM

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます