G-SHOCKからコラボモデル2種、プロゴルファー石川遼選手・プロサーファー五十嵐カノア選手

拡大画像を見る

 カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の新製品として、カシオ所属のプロゴルファー石川遼選手のシグネチャーモデル第2弾「GM-2100RI21」を11月11日に、トッププロサーファーの五十嵐カノア選手のシグネチャーモデル第2弾「GBX-100KI」を11月5日に発売する。

 石川遼選手のシグネチャーモデルは、カシオワールドオープン40回大会を記念したモデルで、八角形のメタルベゼルとシンプルなデザインが特徴の「GM-2100」をベースに採用し、日常にもラウンドにも使いやすいよう、シルバーとホワイトでまとめ、シックなデザインに仕上げた。
 ネイビーの文字板にはゴルフボールの表面を覆うくぼみであるディンプルとボールの立体感を、光沢を抑えたすりガラスのような透明印刷によって表現。爽やかなライトブルーとエネルギッシュなオレンジをアクセントとしたカラーリングでスポーティさを演出し、裏蓋には、石川選手のシグネチャーとカシオワールドオープン開催40回を記念したロゴを刻印した。さらにオリジナルゴルフマーカーが付属する。
 価格は3万800円。特設ページでは、石川遼選手のプロフィールやプロモーションビデオも紹介している。
 五十嵐カノア選手のシグネチャーモデルは、エクストリームスポーツをサポートする“G-LIDE(Gライド)”シリーズの「GBX-100」をベースモデルとし、五十嵐選手監修のもと、デザインやカラーリングを選定した特別モデル。全体をブラックにまとめつつ、ベゼルやバンド、液晶などそれぞれ質感やトーンの異なるブラックを使い分けることで、クールでありながら個性が光る五十嵐選手独自の世界観を表現した。
 ベゼルとガラスには、実際に五十嵐選手が乗った迫力あるビッグウェーブの写真をもとにデザイン。また、フェイスや裏蓋、バンドに五十嵐選手のサインを配し、ラグ側にはCTの背番号「50」の数字をあしらった。
 機能面では、スマートフォンと連携するモバイルリンク機能を搭載しており、サーファーに必要となる潮汐情報や日の出/日の入時間を専用アプリ内の世界約3300カ所から選択し、時計側に設定できる。タイドグラフやムーンデータに加え、走行距離・時間・ペースなどの日々のトレーニングに役立つ多彩な計測機能も備える。価格は2万9700円。

関連リンク

  • 11/8 11:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます