日テレサバイバル番組「Who is Princess?」鬼コーチのハグに感動 NIJIKA vs RINKA、RIN vs RAN勝敗を分けたのは…

【モデルプレス=2021/11/08】全世界で放送・配信中の、大型デビュー・サバイバル・プログラム『Who is Princess? -Girls Group Debut Survival Program-』最新話(第6話)のダイジェストが11月7日(日)の日本テレビ『シューイチ』(毎週日曜7時30分~)で放送され、同日10時25分から、Huluにて『Who is Princess?完全版』の独占配信が始まった。

◆運命の<MISSION 2>結果は…

<MISSION 1>で1名が脱落し、14名でスタートした<MISSION 2>は、「ソロパフォーマンスバトル」。「PRINCESS組」と「CHALLENGER組」が1対1でボーカルとダンスそれぞれを同じ課題曲で競い、勝者が「PRINCESS組」に、敗者が「CHALLENGER組」に分けられる。

先週放送された、14歳対決となった「BATTLE 3」RINKO vs YUKINOでは、ボーカル力を買われたRINKOが「PRINCESS組」に残留。「BATTLE 4」のAINA vs COCOは、日々のプレッシャーでレッスン中に声が出なくなってしまうというアクシデントを乗り越えたCOCOが「PRINCESS組」に昇格した。

これまで行われた4回のバトルで、「PRINCESS組」YUMEKO(残留)、HONOKA(昇格)、RINKO(残留)、COCO(昇格)、「CHALLENGER組」UTA、RIO、YUKINO、AINAと、半分がシャッフルするという結果に。

◆NIJIKA vs RINKA、RIN vs RANバトルの勝敗を分けたのは…?

残るは6人。今週の「BATTLE 5」には、NIJIKA vs RINKAが登場。歌に自信がないNIJIKAは、本番のステージに上がると、極度の緊張で表情がこわばってしまう。新体操で鍛えた柔軟な身体が武器のRINKAは、最初のダンスチェックで歌詞の内容を理解しないで踊っていることを指摘されてしまう。「この仕事は才能だけではできない。辛いし、努力も必要」とダンスの鬼ウンギョン氏が諭したが、ふたりの勝敗を分けたのは、努力だった。

「BATTLE 6」には、RIN vs RANが登場。13歳の末っ子にして肝が座ったRINは「将軍」、14歳で171センチながら泣き虫のRANは、「ジャイアントベイビー」と呼ばれている。ボーカルの鬼・佐藤氏に「おっとりしすぎ」と立ち姿から矯正されるRAN、<MISSION 1>でPRINCESS組に昇格したRINはプレッシャーに押しつぶされそうになっていることをウンギョン氏に見抜かれ、温かな抱擁で自信を取り戻す。鬼コーチとの絆、そして幼い彼女たちの成長にも注目だ。

◆「Who is Princess?」

『Who is Princess?』は、K-POPメソッドの厳しいトレーニングを受けている13~19歳(平均年齢15.6歳)の芸能事務所練習生15人が、わずか5人のデビューメンバーを目指して勝ち抜いていく様子をドキュメントとして見せる番組。

<MISSION 1>で1名が脱落。現在行われている<MISSION 2>で「CHALLENGER組」になった7名の中から、さらに1名の脱落者が出る。

数々のMISSIONをクリアして、2022年1月、世界で活躍する<美しくクールで高いパフォーマンスを誇るガールクラッシュグループ>メンバーが決まる。

日本テレビでは、本日更新された『シューイチ』ダイジェスト、『Who is Princess?完全版』(Hulu独占配信)のほか、毎週火曜日24時59分から冠番組『Who is Princess? -Girls Group Debut Survival Program-』も放送中。NIJIKA vs RINKA、RIN vs RAN、2組の「ソロパフォーマンスバトル」の結果を確かめることができる。

上記以外にもスペシャル編集版を、Yahoo!JAPANの無料動画サービス『GYAO!』、『SoftBank VRSQUARE』、全世界を対象としたグローバルファンコミュニティプラットフォーム『Weverse』にて毎週火曜日に配信。さらに、世界最大級の中国発グローバル動画配信サービス『iQIYI』の他にも、中国、タイ、香港、インドネシア、マレーシア、ミャンマーを中心とした国や地域で、各国の字幕付きで視聴可能。これらでは、アーカイブも見ることができる。

また、『Weverse』では、既定のハッシュタグを使って応援している練習生の名前を投稿すると、抽選で直筆メッセージプリント入りセルカ写真がもらえる「Weverse限定キャンペーン」を開催中。

次週「ソロパフォーマンスバトル」に挑むのは、NANA vs YUU。そして、「CHALLENGER組」7名の中から、1名の脱落者が決まる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/8 10:36
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます