「突然ですが~」華原朋美の告白よりも視聴者を凍らせたスタジオ3人の空気感

拡大画像を見る

 11月3日放送の「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系)に出演した華原朋美。最近は名前を伏せてはいるものの、視聴者には「これは小室哲哉のことを言っているな」とわかる過去のことを赤裸々に語っているが、この日の放送でもそれが顕著だった。

 人気占い師・木下レオン氏から「人を信じやすく、だまされやすいタイプ」と診断されると、華原は「はい」とそれを認めた。「愛し合っていた2人が、仲良かったんですけど、後で通帳を見たら歌唱印税がゼロだった」と告白。その金額は「多分、億」と言い、「デビューシングルから全盛期の曲っていうのは全部ゼロだった」と振り返った。さらに「25歳くらいから今までも、朋さんは“ある女性”に負けたくないと思っている」と木下から告げられると「確かに。悔しかったもんな、あの時」と認め、その後「だって“華原朋美”じゃなかったら、あんな捨てられ方はしなかった。私が“華原朋美”じゃなかったら家族に迷惑をかけることもなかった。世間を騒がせることもなかった。『なんで私は華原朋美なんだ』って何度も何度も自分に問いかけてきました」と号泣しながら訴えた。

「ネット上では号泣する華原より、そんな華原をスタジオで見ていた沢村一樹、水野美紀、みちょぱの3人から漂っていた白けたムードと冷たい空気感が反響を呼んでいるようです。『泣いてる朋ちゃんを顔色ひとつ変えずに見ていた3人。この温度差にTHE芸能界を感じた』『同じ業界人だと裏事情も把握してるだろうから、華原の悲劇のヒロイン気取りが余計に白けたのでは』『スタジオの3人はもういい加減に小室ネタで泣くのはよしなよって感じだったのかな。それにしても冷たい空気が流れてて驚いた』といった声があがっています」(女性誌記者)

 今年8月には所属事務所社長兼専属マネージャーの大野友洋氏と結婚。2歳になる息子の母でもある華原。どうか幸せになってほしい。

関連リンク

  • 11/8 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます