菜々緒、「食い込みエグい黒水着姿」を連投に“調教志願”暴走コメントの嵐!

拡大画像を見る

  その凛とした佇まいはまさに女帝!?

 女優の菜々緒が11月3日、自身のインスタグラムを更新。ここ数日で公開されていた黒の上下セパレートタイプのショットの第3弾がアップされ、念願の正面ショットがついに解禁され、ファンの間で話題となっている。

 菜々緒は10月30日に〈10月28日で菜々緒33歳になりました ありがとうございます〉と報告した投稿で、黒のセパレート水着を着用し、ヒップが強調されたバックショットをアップしていた。

 さらに11月2日には同様の黒セパレート水着で、今度はカメラに向かって横向きに立ち、自慢の美脚が際立つ、別アングルのショットを追加でアップ。そして、3日にはついに、その水着姿を正面から撮影した写真を公開。今回の正面ショットで、黒セパレート水着がなかなかのハイレグ具合の“三角水着”ということも判明し、世の男性たちは大歓喜。ファンからは〈このハイレグ具合は半端ない〉とか、この水着を〈自然に着こなせるのは菜々緒様ぐらいだな〉〈純粋にその長い脚に踏まれたいです〉〈俺はMじゃないけど、菜々緒にだったら調教されたい〉と、暴走気味なコメントが殺到している。

「18年には一人でスリランカを訪れ、その際の水着姿を公開したりと、これまでもプライベートの水着ショットを披露してきた菜々緒。前後の投稿で判断するからにどうやら今回の黒水着ショットは屋久島で撮影されたもののようですね。菜々緒といえば、もともとモデルでしたが、悪女役を演じて、女優としてブレイクしたこともあって、女王様といったイメージを持つ人が多い。今回の水着ショットもその力強い表情に、凛とした佇まい、そしてハイレグ気味な黒セパレート水着からはそれとなく女王様オーラが醸し出されているように感じますから、ファンにとってはたまらないショットとなっているようですね」(エンタメ誌ライター)

 11月19日に公開される出演映画「土竜の唄 FINAL」では、美しい蹴り技と電撃ムチを駆使するチャイニーズマフィア・胡蜂(フーフォン)役を演じており、よりそのドSっぷりを堪能できるはずだ。

(権田力也)

関連リンク

  • 11/8 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます