華丸大吉、新庄監督の名を挙げ朝ドラ受け「あの外野誰だ?って」【ネタバレ】

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・博多華丸大吉が8日、NHK「あさイチ」で、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で勇(村上虹郎)があと一歩で甲子園に届かなかった試合に、相手左翼の守備を挙げ「多分、新庄さんもこのことをしゃべってる、あの外野誰だ?って」と、時の人の名前を挙げ、朝ドラ受けを行った。

 この日の「カムカム-」では、甲子園の地方予選で勇の学校が決勝戦へ進出。勇が左翼超えかと思われた大飛球を打つも一歩届かず、無念のゲームセットで甲子園行きを逃したシーンが描かれた。

 これに大の野球ファンである華丸は「一つ気になったのは、あの打球の角度は、ねえ。入ったと思った」と指摘。大吉も「入ってるよ」と同意すると、華丸は「入らんまでいかなくても、レフトオーバーには…」と残念がった。

 大吉は「とんでもなかった、向こうのレフトが」と相手の左翼手のファインプレーだったに違いないと想像すると、華丸は「(勇は)セカンドベースまで回りかけた。ダイビングキャッチで実況があれば『…取ってる!取ってるぅ~!』って感じじゃないと」とギリギリで左翼手がキャッチしたのでは?と指摘。大吉も「多分、新庄さんもこのことをしゃべってる。あの外野の子、誰だ?って」と時の人の名を挙げ、スタジオを笑わせていた。

関連リンク

  • 11/8 8:36
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます