有吉弘行「タレントを救った」3つの「芯を食いすぎる一言」の破壊力!

拡大画像を見る

 11月2日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に、元AKB48・SDN48のタレント・野呂佳代(38)が出演。悩めるベテラン女性タレントの相談に、相談相手が先輩芸能人とは知らない若手人気タレントが答えていく『女性タレントお悩み相談 実は若手が答えてました』という企画がJ放送されたが、そこで野呂が明かした有吉弘行(47)からの金言が、話題を呼んでいる。

「野呂は、事前に『ロンハー』の仕込みで行ったニセ番組で、占い師に相談する内容として“自信を持ってないとこのお仕事はできないと思うのですが、なかなか自信につなげることができず悩んでいます。どうしたら自信につなげられますか”という悩みを明かしていました。

 この悩みを、”新人タレントの悩み”としてNMB48の渋谷凪咲(25)が聞かされて、これに回答したんですが、その話題が意外な方向に発展したんです」(女性誌記者)

 野呂の「自信がない」という悩みに対して、渋谷は「私はお仕事の前は不安というか自己評価はスゴい低いんですよ。だからお世話になっている芸人さんやスタッフさんの嬉しかった言葉や大切にしたい言葉を全部携帯に残しています」と回答したのだが、特にかまいたちの濱家隆一(40)が、

「おれらは、大阪時代にずっとかまいたちは大丈夫やって色んな人に言われてたけど、その当時は何が大丈夫か分からんかった。けど、そんな俺らが言うけど、凪咲は大丈夫」

 と言ってくれたことがいまも忘れられない、と渋谷が明かしていた。

 これを聞いた野呂も「私もありますけど、その1本でいままで頑張ってこれたっていうのはあります」と切り出し、

「パチンコ番組全力でやれよ、バカ!」

 と、『ロンハー』のスタジオゲストだった有吉に言われたことを公開した。

 これは8年前(2013年)に同じ『ロンハー』で行われた「有吉先生のタレントマジ相談」での指摘で、「ちょっとハッとしたところがあります。それで……」と野呂は改めて有吉に感謝していることを明かしたのだ。

■「あれがなかったら、一生地上波に出られなかったかもしれない」

「補足すると、当時SDN48解散のあおりを受けて野呂は仕事が激減。“パチンコ番組とパチンコの営業で食いつないでいる状況”と『ロンハー』で有吉に相談した際に飛び出した発言が、“全力でやれよバカ”でした。この件については、16年に『NEWSポストセブン』でも野呂が熱く語っていました」(前出の女性誌記者)

 当時、野呂は有吉と『ロンハー』でのやり取りについて、インタビューで次のように話ししていた。

《実は私、パチンコがあまり好きではなくて…。それを言ったら、「全力でやれ、バカ!」って言われたんです。

 そう言われて、番組はいつか終わるけれど、次のステップに進む可能性もあるわけだから、今ある仕事を全力でやろうって思えました。そうしたら、パチンコの仕事が増えたんですよ(笑い)。》

《あの放送が、私にとって転機になりました。あれがなかったら、一生地上波に出られなかったかもしれない。『ロンドンハーツ』の出演を機に収入が増えて、それまで実家に住んでいたんですけど、一人暮らしができるようになりました(笑い)。》

《有吉さんの本、『お前なんかもう死んでいる』(双葉社)はバイブルなんですよ。私みたいなに伸び悩んでいる人がいたら、ぜひ読んでもらいたいです。本の影響で貯金を始めました》

「有吉の一言は、野呂の人生に影響を与えた、いわゆる“本当に芯を食った”一言だったんですね。一度“地獄”を見て這い上がってきただけに、有吉の発言は芸人にとっても核心を突いたものが多く、たとえば狩野英孝(39)も、現在の芸人人生に多大な影響を与えられたことを、5月27日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で明かしています」(前同)

■あのナルシスト芸人も有吉の金言を受けた

 狩野はブレイクした当時はナルシストなホスト風のビジュアルと「ラーメン! つけ麺! 僕イケメン!」一発ネタで売り出していたため、多くの視聴者に「一発屋で消えそう」と思われていた。

 しかし、毒舌キャラとして人気が復活し始めた頃の有吉と共演した際、狩野がネタを披露して大爆笑している観客に、有吉が「待て待て! お前ら半年後に何でこんなギャグで笑ってたのか恥じるからな! 先に言っとくぞ」と諭したという。

「これを当時の狩野は“なんでそんなこと言うの”と思ったものの、現在は“それを最初に気づいてよかった”と、調子に乗って“売れてるけどダメなやつ”になっていたかも、としていました。

 ちなみに、ダチョウ倶楽部や出川哲朗(57)のようなリアクション芸人が夢だった有吉は、実は狩野を高く評価しており、昨今のコンプライアンス事情にふれて“体張ったり、ハードドッキリがやれるラストのリアクション芸人だよね”“正当な継承者”とやはり『夜会』で話していました」(前出の女性誌記者)

 また、平成ノブシコブシの吉村崇(41)は、有吉を「お師匠」とまで呼んで慕っていることで知られている。

■「テレビっていろんな人のバランスがある」

「5月11日放送の『ロンハー』で行った吉村とネプチューンの堀内健(51)のサシ飲み企画によると、キッカケはおよそ10年間、吉村がテレビに出始めた頃のことだったといいます。“『ロンハー』でなにもわからずギャーギャー騒いでいた”時期に、有吉が助言してくれたといいます」(前出の女性誌記者)

 当時の吉村は、ハイテンションでキレまくる破天荒キャラを強く押し出していたこともありバラエティ番組でも暴れ気味だったが、

「そういうことじゃない、ライブじゃないよ。テレビっていろんな人のバランスがある」

 と有吉からアドバイスをもらって改善。それを「本当に教えてくれた」といたく感謝しているそうだ。

 ちなみに、有吉自身もこのきっかけとなった出来事を覚えており、昨年5月17日放送のラジオ『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)によると、

「『ロンハー』のときにな、ひどいからみ方してきて。何もないのに、俺の首を絞めにきて。『やりましょうよ、ガツガツ!』って。俺言ったよ、『お前もう台本書いてこい!』って(笑)。『2度と生意気なことすんな、お前! やりたいからみをお前の言う通りにやってやるから、台本書いてこい』って」

 と言ったところ、

「それで次のとき、吉村が台本しっかり書いてきて。そこから、俺のことを『お師匠さん』って(笑)。孫悟空と三蔵法師じゃないんだから」

 ということがあったと、笑いながら話していた。

 多くの芸能人に影響を与えてきた有吉。現在、数多くの冠番組を抱え、視聴率を獲りまくっている売れっ子が、改めて、格の違いを見せつけたーー。

関連リンク

  • 11/8 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます