情熱のダービーはセビージャに軍配!…1人少ない宿敵ベティスを敵地で下す

拡大画像を見る

 ラ・リーガ第13節が7日に行われ、ベティスとセビージャが対戦した。

 同じセビージャの街を本拠地とする2クラブがベティスのホーム、“ベニート・ビジャマリン”で対戦したセビージャ・ダービーは、アウェイのセビージャが序盤から巧みなボール回しで主導権を握る展開となるも、なかなかゴールを脅かすチャンスには至らない。

 ベティスは36分、スルーパスに抜け出したエクトル・ベジェリンが角度のないところからGKの股を抜くシュートを決めたものの、これはオフサイドで取り消しに。すると45分、セビージャのカウンターからをギド・ロドリゲスがラファ・ミルを倒すと、2枚目のイエローカードで退場となりベティスが1人少ない戦いを強いられることとなる。

 数的優位となったセビージャは52分、クロスのこぼれ球をマルコス・アクーニャがシュート。GKクラウディオ・ブラボが弾いたボールにルーカス・オカンポスが反応するも、わずかに枠を捉えられない。54分にもゴンサロ・モンティエルの折り返しにオカンポスが合わせるも、シュートはゴールを外れる。

 すると迎えた55分、左サイドでボールを収めたオカンポスから落としを受けたアクーニャが、ダイレクトで豪快に左足を振り抜く。強烈な弾道はニアサイドに突き刺さり、後半から圧倒的にボールを支配するセビージャが先制に成功した。

 72分にようやく反撃のチャンスを手にしたベティスは、右サイドのベジェリンのクロスから、最後はファーで待つクリスティアン・テージョがボレー。しかし左足のシュートは枠に入らない。そして81分、セビージャはまたしてもモンティエルが抜け出すと、鋭いクロスがベジェリンのクリアミスを誘ってオウンゴール。アウェイチームに決定的な追加点が入った。

 試合はこのまま終了。前半終了間際の退場が大きな影響を及ぼし、試合を支配したセビージャが宿敵のベティスを下した。

 次節、ベティスは21日にアウェイでエルチェと、セビージャは20日にホームでアラベスと対戦する。

【スコア】
ベティス 0-2 セビージャ

【得点者】
0-1 55分 マルコス・アクーニャ(セビージャ)
0-2 81分 エクトル・ベジェリン(オウンゴール/セビージャ)

関連リンク

  • 11/8 6:51
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます