稲村亜美、ゴルフ動画で“黒いモノ”見え!どんどん短くなる「ミニ」が大注目

拡大画像を見る

 タレントの稲村亜美が、テレビ朝日公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」の10月29日投稿動画に登場。またもや圧巻のボディを見せつけてくれた。

 稲村は同チャンネルでゴルフ企画の「ハーフベストへの道」に挑戦中。このシリーズでの特訓の甲斐あって、ついにプライベートでのゴルフで前半45、後半52の“100切り”を果たしたという稲村。今回はさらなるハーフベスト更新を目指し、高島小百合プロをサポートに招きアドバイスを仰いだ。

「記録更新より何より、やはり目を奪われてしまったのが相変わらずの肉感ボディ。彼女はこの日、上半身は黒のピタピタのスウェット姿で、推定Eカップのバストがこれでもかというほど強調されていました。横を向いたときなどは大きく盛り上がった胸のラインが丸分かりとなり、まさにド迫力ですよ(笑)」(エンタメ誌ライター)

 ただし今回、そのバストラインに加えて注目されたのが、下半身である。

「膝上30センチはあろうかというミニスカで、肉付き良好の太ももがスラリと伸び、タマラないものがありました。もちろん、これまでこのゴルフ動画でもミニが基本でしたが、最も短いクラスに入るのでは。屋内でシミュレーターを使ったシーンでカメラが斜め下から彼女のフルスイングを捉えた際は、ミニの奥の“黒いモノ”が露わに。もちろん見えても大丈夫なインナーなのでしょうが、ファンは彼女のベスト更新より、どんどん短くなっていく彼女のミニが気になって仕方がないと思いますよ」(前出・エンタメ誌ライター)

 ミニのベスト更新にも期待したい!?

関連リンク

  • 11/8 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます