「性格や姿勢まで素晴らしい」…2ゴールの古橋をセルティック指揮官が絶賛

拡大画像を見る

 セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、クラブに所属する日本代表FW古橋亨梧を絶賛した。セルティックの公式サイトが7日にコメントを伝えている。

 スコティッシュ・プレミアシップ第13節が7日に行われ、セルティックはダンディーFCと対戦。セルティックの1点リードで迎えた20分、古橋が右クロスを頭で合わせてゴールネットを揺らした。さらに、セルティックの3-1のリードで迎えた50分、左からの折り返しを古橋が合わせてゴール。

 最終的にセルティックは4-2でダンディーFCに勝利を収めた。古橋は今節2ゴールを挙げたことで、今シーズンのリーグ戦のゴール数を「7」に伸ばし、公式戦13ゴール目とした。

 指揮官は試合を振り返り、「重要な勝ち点『3』を獲得できたし、素晴らしいサッカーもできた。ヨーロッパリーグの試合を終えた後だということを考えると、今日は選手たちのエネルギーと意欲が試される試合だったといえる」と述べた。

 また指揮官は、2ゴールを挙げた古橋について「彼はゴールだけでなく、性格や物事に取り組む姿勢まで含めて素晴らしい」と絶賛。「私はもともと彼の能力を目の当たりにしていたので、スコットランドで彼の活躍に一番驚いていないのは私かもしれない」と続けた。

関連リンク

  • 11/8 5:19
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます