乃木坂46齋藤飛鳥・山下美月・賀喜遥香らが野球チームで奮闘 初のバッティングに戸惑いも

【モデルプレス=2021/11/08】乃木坂46の秋元真夏、齋藤飛鳥、山下美月、与田祐希、遠藤さくら、賀喜遥香が出演する新TVCMが、8日より全国で放映される。

◆乃木坂46齋藤飛鳥・山下美月ら、野球チームに

「がんばれ、バイトルズ!バイトーさん登場」篇では、「バイトル!バイトル!バイトル!」と声を揃えながら球場をランニングする山下、与田、遠藤、賀喜の姿が。皆が集合し、監督役の秋元から、「バイトのバイトーさん」と紹介された齋藤は、すかさず「サイトウです」と冷静に訂正。

続いて、遠藤から「このバイト、どこで見つけた?」と聞かれた齋藤は「バイトルアプリで」と即答。さらに秋元から「バイトーさんはピッチャー」とポジションを告げられ、「サイトウです」と、またしても齋藤さんらしく冷静に訂正。

しかし、山下さんから「ようこそ、齋藤さん」と言われると、思わず「バイトーです」と言ってしまう。山下の罠にハマってしまったことに気付き、齋藤がハッとするコミカルなストーリーが見どころとなっている。

さらに、ピッチャーの齋藤とバッターの山下が対決し、与田がキャッチャー、秋元が審判となり、遠藤と嘉喜がベンチから見守る「がんばれ、バイトルズ!魔球!バイトルボール」篇も全国で順次放映開始。

◆遠藤さくら&賀喜遥香、撮影合間に楽しく記念撮影

今回の撮影は、野球のユニフォームに身を包んで行われたため、撮影の合間にはピッチングポーズをしている秋元の後ろで山下が飛び跳ねて写真を撮ったり、遠藤と嘉喜が2人でポーズをとりながら楽しく記念撮影をしたり、ベンチで待機中に仲良く2人で談笑したりする様子も。

本CMにも出演しているバイトルのねずみのキャラクターであるバイチューも近くに座っていたため、時折バイチューともコミュニケーションをとって笑い合う姿も垣間見られたという。

また、ダンスシーンで隣に並んでいる齋藤と遠藤はお互いを見ながら笑い合っており、「カメラ向かないと」と齋藤が遠藤にカメラのほうを指差しながら言い、ダンスシーン撮影終了後も笑いあって手をつなぎ、控え席まで齋藤が遠藤を引っ張っていた。

山下と与田は互いにダンスを確認し合い、ダンスの撮影が終わるたびにダンスで気になる部分があるのか笑い合うといったシーンや、後ろ髪を横に寄せて「8110(バイト)」の背番号を見せるシーンの撮影で背筋を伸ばすとどうしてもユニフォームに皺が寄ってしまうため、胸を張らないように言われた齋藤が、横にいる秋元に向かって前かがみでマッスルポーズをして見せ、2人で笑い合うといった微笑ましいシーンも見られた。

◆山下美月、初のバッティングに苦戦

野球経験のないメンバーたちは戸惑いながら防具などを装着。

野球監修の方に「バッティングをしたことがあるか」と聞かれた山下は「打ったこと無いです」と即答。バットを持った瞬間に「重っ!」と声をあげ、いざ素振りをしてみると、山下自身も撮影スタッフもしっくりこずに苦笑いがこぼれるということも。

また、キャッチャー役の与田はキャッチャーマスクを外して審判役の秋元に向かってセリフを言うシーンで、初体験というキャッチャーマスクを素早く脱ぐことが出来ずに手こずってしまった。

さらには、ミットが新しく硬いためボールを掴むのにも一苦労。握力が足りずボールが落ちてしまうためテープでボールをミットに固定したものの、それが外れて転がってしまい、ミットでボールを拾おうとして苦戦するというシーンも。

齋藤は、投げ始めに左足を上げる際、お尻を相手側に見せるよう、フォーム指導を受けると、数回で習得し、見事なフォームを披露していた。(modelpress編集部)

◆乃木坂46コメント

― 撮影で一番印象的だったことは?

齋藤:こういう撮影をすることは結構レアなので、それで皆いつもよりウキウキして、すごいいっぱい写真を撮ったりしてました。個人的には投げるのを本格的にやって、(与田:かっこ良かったですよね!)思ってないでしょ!(与田:足も上がってました。きれいでした!)ちゃんとしっかり教えていただいたので、それがちょっと大変だったかなーくらいで、あとは基本楽しく、皆でワイワイと出来ました。

与田:生まれて初めてキャッチャーの恰好をして、膝当てとか名前が分からないんですけど網網のやつ(※キャッチャーマスク)とかを付けて、意外とこれを付けて動くのは大変なんだなと思いました。ロボットみたいな動きになるし、意外と重いし、結構体力を奪われました。(齋藤:本当?落としてたもんね。ボール)グローブで掴めなくて(ボールをテープでグローブに)貼ってたんですよ。それが転がると、もう二度と拾えなくて。なんかすごい馬鹿な人みたいな感じになってて大変でした(笑)。

― CMの見どころは?

秋元:今回は野球のユニフォームを着て、野球というテーマでやらせていただいたんですけど、私たちは野球とかスポーツがあんまり得意じゃない子が集まっていたので、ちょっと弱そうだったよね。(山下:激弱ですね。誰にも勝てないです(笑))その感じを出さないように頑張ろうとか、美月もバットを振ってたんですけど、皆でちょっとでも強くかっこ良く見えるように工夫したところを見て欲しいなと思います。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/8 0:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます