奈良の生活を気軽に体験できる「ゲストハウスでお試し移住支援制度」が開始!


奈良市は、暮らし体験や住まい探し・仕事探しのための宿泊・滞在の支援を行う「ゲストハウスでお試し移住支援制度」を開始する。期間は、11月1日(月)チェックイン~2022年2月14日(月)チェックアウトだ。

ゲストハウスで人とつながり気軽に移住体験


同制度を開設した背景として、いきなり移住する負担の大きさが挙げられる。「移住体験施設」などを独自に整備する自治体もあるが、費用がかかり利用率は高くないという調査がある。生活を体験し、交流拠点でもある市内のゲストハウスに生活者目線での情報提供や人のつながりをつくってもらえることを期待して同制度が開設された。


また、奈良市は2019年より2年連続で転入超過となっており、2019年の0~14歳人口の転入超過数は関西2位、全国16位という実情もある。

2泊以上の利用者には1人1泊2,000円のクーポンも


近年のインバウンド需要もあり、奈良市内では若者に人気のある小規模宿泊施設が多数運営されている。地元住民でもあるオーナーの顔が見え、奈良に暮らす体験ができるゲストハウスでコミュニケーションを取りながら、移住検討者と地域の関係性を深める機会を支援する。

ゲストハウスで「お試し移住」の目的で2泊以上宿泊する場合、利用者に宿泊費・飲食費の支援金として1人1泊2,000円、協力事業者に移住情報提供料として受け入れ1人1泊あたり1,000円をQUOカードで支給。

奈良市からお試し移住前に「オンライン移住相談」で利用者の希望・属性に応じてエリア情報などを提供することで、視察効率・滞在満足度を高める。利用者・ゲストハウス事業者には、利用後のアンケート・ヒアリングに協力してもらい、今後の移住施策に反映していく。

申し込みは奈良市「オンライン移住相談」から


対象となるゲストハウスは、奈良市ホームページにて掲載している簡易宿所等。奈良市の「オンライン移住相談」を利用し、宿泊するゲストハウスを決め予約する。「お試し移住支援制度 事前申請フォーム」から申請後、奈良市が申請内容を確認と承認し、利用者とゲストハウスに連絡。お試し移住を実施後、利用者はお試し移住実施報告書・領収書の写し(画像可)を提出する。


奈良の暮らしを体験したいなら、「ならりずむ。」で検索を。ゲストハウスでお試し移住支援制度を利用しよう。

画像をもっと見る

  • 11/5 18:58
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます