「ゼルダの伝説」どこでもプレイ 「ゲーム&ウオッチ」に

拡大画像を見る

任天堂は、「ゼルダの伝説」シリーズをプレイできる携帯ゲーム機「ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説」を2021年11月12日に発売する。

「ゼルダの伝説」「リンクの冒険」「夢をみる島」

手のひらサイズのコンパクトボディにフルカラー液晶を搭載。当時ファミリーコンピュータ・ディスクシステムで発売した「ゼルダの伝説」(1986年)と「リンクの冒険」(87年)、ゲームボーイで発売した「ゼルダの伝説 夢をみる島」(93年)の3タイトルを収録。

「ゼルダの伝説」「リンクの冒険」は日本語/英語版、「夢をみる島」は日本語/英語/ドイツ語/フランス語版を収録しており、他言語版を遊び比べられる。

また、「ゲーム&ウオッチ」3タイトル目として発売した「バーミン」(80年)を収録。キャラクターが「リンク」になった特別バージョンをプレイ可能なほか、「GAME A」「GAME B」に続く最高難度のゲームモードが存在するという。

ゲームを遊ばない時はボタン1つで初代「ゼルダの伝説」がテーマのデジタル時計になる。12時間をかけリンクが「ガノン」を倒すまでの冒険を追う内容となっており、自分で操作してプレイも可能。1分単位で最大10分まで設定できる「ショートタイマー」機能も備える。

電源は内蔵のリチウムイオンバッテリーで、充電は側面のUSB Type-C端子から行う。約3時間の充電で約8時間プレイ可能だ。

価格は5480円(税込)。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 11/7 20:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます