勝地涼、元妻・前田敦子の影響は絶大「ネタにしてきな」で心境変化

拡大画像を見る

 俳優の勝地涼が7日、フジテレビ系「ボクらの時代」に出演し、離婚後、元妻の女優・前田敦子の言葉が自身の仕事にも影響を与えていることを明かした。

 この日はプライベートでも親交がある俳優・柄本時生、仲野太賀とのトーク。柄本は前田、高畑充希、池松壮亮とともに仲良しグループ「ブス会」の1人でもある。

 柄本は両手のひらを合わせてから離すしぐさを見せ「これ(離婚)になってから初めてですよね、きょう」と確認。勝地は「ちゃんと…会ってなかったから」と複雑な表情を見せた。勝地は「自分から言うのもなって…そういうことになりました」とあらためて頭を下げながら離婚を報告。柄本も頭を下げて「お疲れさまでした」と返した。

 勝地は前田に影響を受けたことについて告白。自身だったらピリつくだろうという言葉を投げかけられた前田が「大丈夫、大丈夫。ハイ、わかりました」と受け止める姿を見て、「『なんで俺そんなにピリピリしてたんだろうなー』とか思った」と受け止め方が変わったと語った。

 さらに、収録前日にも前田と一緒だったと伝え、離婚について「ネタにしてきな」と背中を押されたと開かした。「この先番組に出たらどうしたって(離婚に)触れなきゃいけなくなる。触れないってことがおかしいと思うから、聞かれる」と振る舞いに悩んでいた勝地は、前田の一言が「けっこう大きくて」と心に響いたと告白した。

 前田の言葉で「堂々と本当のことを言ってればいいのかな」と穏やかな心境に。さらに「どんどんどんどん彼女の影響がすごく大きくて、フラットに仕事ができてる」と偏見を持たずに仕事ができるようになったと伝えた。3人の中で唯一結婚経験のない仲野は「なんかすてきです。そんな関係を築けるなんて」と感銘を受けていた。

関連リンク

  • 11/7 19:13
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます