飼い主「冗談で言ったのに…」 猫の行動に反響

拡大画像を見る

動物病院で保護された子猫を引き取ったAKR(@bou128)さん。

子猫を、ろん(本名:くろあん)と呼び、暮らし始めて知った予想外な出来事を『ろんの絵日記』として描いています。

ろんの絵日記

『猫がお世話してくれたときの絵日記』

「人間の言葉を理解しているのでは…」と思える行動を、たびたびみせる、ろんちゃん。

冗談のつもりで、AKRさんが「7時に起こして」と、ろんちゃんに伝えて二度寝をしたところ、数々の驚きの行動を見せてくれたといいます。

人間の言葉を理解している以前に、時計の読み方まで知ってるなんて驚きだよ…ろんちゃん。

驚かされるろんちゃんの行動は、これだけではありません。

AKRさんが三度目の眠りにつくのを防ぐべく、ベッドから完全に出るまでお世話をするという、徹底ぶり!

普段は、飼い主であるAKRさんが、ろんちゃんの身の回りの世話をしているものの、この時ばかりは立場が逆転しています。

AKRさんが投稿したエピソードは反響を呼び、ろんちゃんの頭のよさに「すごい」と感動の声が寄せられました。

・ろんさんは、自分を猫だとは思ってないと思う。きっと飼い主さんと同じ人間だと思ってる。

・猫は、実は知能が高い生き物だと思っているんですけど、それにしても、ろんさんは賢すぎます。

・本当に、猫?

もはや、「賢い」「知能が高い」の言葉では片付けられない、ろんちゃんの行動。もしかして、猫の見た目をした人間なのではないかとすら、思わされますね!

『ろんの絵日記』単行本が発売中

単行本『黒猫ろんと暮らしたら』の1~3巻が発売中です。

Twitterやブログに掲載された作品だけでなく、描きおろしやろんちゃんの写真も収録!気になる人はチェックしてくださいね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @bou128

関連リンク

  • 11/7 17:28
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます